ヴィーガンは花粉症対策に効果的あり?その実態を徹底解説

つらい花粉症はヴィーガンの食生活で改善できる?その実態を徹底解説。症状を緩和するおすすめの食べ物・控えた方がよい食べ物についてもご紹介します。

花粉の季節になると、くしゃみや鼻水、目のかゆみ、頭痛などの花粉症に悩まされている方も多く、何とかしたいと思われる方も多いのではないでしょうか。

花粉症を緩和するには、一般的にはお薬を服用すると思いますが、「薬を使わずに症状を和らげたい」・「根本から治したい」と思っている方もいるでしょう。

花粉症を完治すのは難しいですが、食生活を改善することで、花粉症を和らげることは可能かもしれません。

そこで今回は、食生活を見直し、「完全菜食主義」のヴィーガンになる事で、花粉症対策に効果があるのかを調べ徹底解説、また花粉症の方におすすめの食べ物、控えた方がよい食べ物についてもご紹介します。

 

ヴィーガンとは?

まず、ヴィーガンに関して簡単にご説明します。

 

ヴィーガンの定義

ヴィーガンとは、動物性の食品を一切摂取しない、「完全菜食主義」のことです。

この、「ヴィーガン」という用語は、1944年にイギリスのヴィーガン協会(The Vegan Society)が創設された際に命名されました。

 

ヴィーガンの定義は以下のようになっています。

 「ヴィーガンとは、食物や衣類、またはその他の目的のために動物を虐げるあらゆる形態を、可能な限り、実行可能な範囲で排除しようとする哲学および生き方です。

ひいては、動物や人間、環境の利益のために、動物を含まない代替品の開発と使用を促進します。

食事の用語では、それは全体的または部分的に動物に由来するすべての製品を省く慣行を意味します。」

(引用元:vegansociety「Definition of veganism」

 

完全菜食主義が目的のヴィーガンもいますが、上記の定義から、その根底には、環境保護・動物愛護の思想があることが分かります。

 

ヴィーガンの食生活

✕ 摂り入れないもの
動物の肉全て(鳥肉・魚肉・その他の魚介類も含む)・昆虫・ゼラチン、または、動物レンネット・動物からのストック、または脂肪・卵・乳・乳製品などの動物性食品

〇 摂り入れるもの
野菜・果物・ナッツ類などの植物性食品

※ハチミツ・白砂糖も摂らない場合もある

 

詳しくは、「ヴィーガンが、ハチミツや白砂糖を摂らない理由」に関する記事を参考にしてください。

 

ヴィーガンは、「動物性由来の食品は一切食べない」ということがキーワードとなります。

 

花粉症とは?

まず、花粉症とはどういったものであるのかについて、簡単にご紹介します。

 

花粉症のメカニズム

「花粉は異物だぞ!」という情報が細胞へ送られて、その花粉だけに反応する抗体が症状を起こします。

花粉症は、花粉に対するアレルギー反応であるということです。

 

鼻の機能は呼吸する空気の加温、加湿、防塵です。空気を清浄化し、その空気を肺に送り込む役目を持っているため、粘膜の表面には線毛があり、花粉が鼻孔から入ると表面の粘液に花粉をくっつけます。

表面についた花粉は鼻の粘膜にある線毛の働きにより、鼻の奥に運び出されます。

運び出されなかった花粉がアレルギーの原因となる「抗原」と呼ばれるタンパク成分(Cry j 1、Cry j 2)を鼻の粘膜に浸透させていきます。

 

スギ花粉の抗原(Cry j 1、Cry j 2)が鼻の粘膜内に入ると、異物を認識する細胞(マクロファージ)と出会い、マクロファージが得た花粉抗原に対する情報が、リンパ球のT細胞というものに送られます。

さらに、このT細胞は、花粉抗原の情報を同じリンパ球のB細胞へと送り、花粉にぴったりと合う「抗体」(スギ特異的IgE抗体)が作られます。これがアレルギー反応の「感作」という最初の段階です。

 

このようにして、花粉という体内へと侵入してしまった異物に対する必死の抵抗が、鼻水やくしゃみ、目のかゆみといった症状として現れるのです。

 

花粉症の原因

花粉症の主な原因はスギ花粉です。花粉症の方の約70%はスギ花粉症と推察されています。

これは日本の国土に占めるスギ林の面積が大きく、全国の森林の18%、国土の12%を占めているためでもあります。

北海道にはスギ花粉飛散は極めて少なく、沖縄にはスギが全く生息しません。関東・東海地方では、スギ花粉症の患者さんが多く見られます。

ヒノキ科花粉による花粉症も見られますが、それよりもスギの人工林が多いのでスギ花粉が多く飛散します。山梨県では、ヒノキ科花粉が多く飛散することがあります。

関西では、スギとヒノキ科の植林面積はほぼ等しいのですが、いまのところヒノキ科はまだ幼い林が多いので、花粉飛散はスギのほうが多いといわれています。

(出典:厚生労働省「花粉症 的確な花粉症の治療のために」

 

また、スギの花粉が多いのは地球の温暖化も関係するようです。このことに関して、「気候変動と花粉」に関した論文がありますので、次にご紹介します。

 

気候変動によって花粉飛散の時期は長期化・花粉の数や濃度も増えている

アメリカの学術誌「PNAS」に掲載された、アメリカのユタ大学・カリフォルニア大学・ボストン大学などの共同研究論文に、「主に人為的な気候変動のため、今日の花粉の季節はより早く始まり、より長く続いており、それが花粉の濃度増加の一因となっている」という結果が述べられています。

 

この研究では、1990年~2018年までの北米における花粉の傾向を測定し、花粉濃度の増加と花粉の季節がより長くなっていることを見出しました。

研究チームは、気候モデルのアンサンブルを用いて気候変動の役割を検証し、気候変動が花粉シーズンの長さの変化の主要な推進要因であり、花粉濃度の増加に大きく寄与していることを発見しました。

 

この結果は、人為的な気候変動が北米の花粉シーズンをすでに悪化させていることを示しており、気候が主導する花粉の傾向は、今後数十年の間に呼吸器系の健康への影響をさらに悪化させる可能性が高いことを示しています。

 

北米全域で花粉の季節が20日延び、花粉濃度が21%増加していることを発見したが、これらは観測された温暖化と強く結びついています。

人為的な気候変動は、花粉シーズンの変化の約50%と、花粉濃度の増加の約8%に寄与しています。

この結果は、過去30年間に人為的な気候変動が花粉の季節を悪化させ、それに伴って呼吸器の健康に悪影響を与えてきたことを明らかにしました。

(出典:PNAS「Anthropogenic climate change is worsening North American pollen seasons」

 

地球温暖化問題など、環境問題への関心からヴィーガンの生き方を選択する人も多くいます。

即効性のある花粉症への対策とはなりませんが、人々の環境問題への関心が高まることで、「花粉」への影響も変わっていくことに期待したいものです。

 

ヴィーガンは花粉症の改善に役立つ可能性もある?

イギリスで最初に発行されたヴーガン向けの雑誌「Vegan Life」の花粉症に関する記事を以下にご紹介します。

 

多くの人がヴィーガニズムに切り替えると、健康が著しく改善すると報告しています。

完全にプラントベースにした食事は、喘息・IBS(過敏性腸症候群)・関節炎などのあらゆる種類の病気の改善に役立つようですが、さらに、花粉症の改善に役立つ可能性もあるようです。

 

ヴィーガニズム vs 花粉症

しかし、なぜヴィーガンはこれほど多くの花粉症患者の症状を緩和しているのでしょうか?

以前は、花粉症だと思っていたものが、実際には動物性食品に対するアレルギーであり、ヴィーガンに切り替えたことでその問題が解消されたのではないかと考える人もいます。

 

しかし、少なくともその可能性が高いのは、乳製品(牛乳から作られた、または牛乳を含む製品)を摂取すると、鼻づまりや粘液レベルの上昇を引き起こし、鼻や目の周りの感度を高める可能性があり、動物の毛やダニ、花粉などの刺激を受けやすくなります。

そのため、花粉症は数あるアレルギーのうちの1つに過ぎないのかもしれません。

症状は、乳製品を含む食事によって引き起こされたり、悪化させたりすることがあります

 

しかし、ヴィーガンに切り替えても症状が改善されなかった花粉症に悩まされている方はどうでしょうか?

薬を全く使わず、自然な治療法を探している人はどうでしょうか?

花粉症に苦しんでいる人のほとんどは、地元のはちみつを試してみるように言われた事があると思いますが、それは間違いなく、花粉症に対し最も良く用いられている対策です。

 

はちみつ論争

もちろん、はちみつは完全なヴィーガンではありませんが、ヴィーガンの食生活を続けようとしている花粉症患者の中には、地元のはちみつが花粉症に効果的だ聞くと、例外的にはちみつの摂取を考慮するかもしれません。

しかし、花粉症への最良の治療法の1つだと言われているこの方法は、科学的な裏づけはされていません。

 

2002年にコネチカット大学で行われた 「鼻結膜炎の症状に対するはちみつ摂取の影響」 と題された研究では、はちみつが (局所的であるか否かにかかわらず) 花粉症の症状に何らかの影響を及ぼすかどうかを証明することに着手しました。

 

36人の花粉症患者が参加し、以下3つのグループに分けられました。

  1. 地元で採取された、低温殺菌、濾過されていないはちみつを与えられた。
  2. 全国的に集められ、低温殺菌、濾過された蜂蜜を与えられた。
  3. はちみつ味のコーンシロップを与えられた。

この研究では、症状が大幅に改善した人は1人もいなかったことが判明しました。

つまり、ハチミツが花粉症の特効薬であるという証拠はほとんどないと言う事です。

 

この考えの背景にある原理は、地元のはちみつを食べると、体内に地元の花粉を入れることになり、ウイルスの場合と同様に、免疫系が抗体を生成できるように、少量または無害な量を体内に導入します。

しかし、花粉はウイルスではありませんので、少量の花粉を摂取しても、ごく軽い花粉症の症状は出るでしょう。

 

さらに重要なことは、はちみつに花粉が含まれている可能性はほぼゼロであり、一般的に、地元の植物が花粉を放出してからはちみつが棚に届くまでの間には遅延があります。

そのため、特定の治療法を評価する十分な理由があったとしても、この時間差は本質的にそれを無効にします。

もう1つ考慮すべき事実は、花粉症は風に飛ばされた花粉によって引き起こされるということで、ほとんどの場合、ミツバチが訪れるものとは異なる植物や花からのものであることを意味します。

 

もし地元の花粉が花粉症に効果があると信じていても、はちみつを避けたい場合は、地元の植物や花で作られたお茶を調達したり、作ったりしてみてはいかがでしょうか。

(出典:veganlife「A vegan guide to remedies and prevention」

 

花粉症は、乳製品を含む食事によって引き起こされたり、悪化させたりすることがあるようです。

また、ヴィーガンの中には、はちみつを摂らない方もいますが、花粉症に地元産のはちみつが効果的と耳にして、はちみつを摂っていた方もいるかもしれません。

ただ、この点に関しての科学的根拠は乏しいようですから、はちみつを摂ることにこだわる必要はないようです。

 

上記の「花粉症と乳製品」に関連して、「牛乳アレルギーと花粉症」に関する記事も次にご紹介します。

 

牛乳アレルギーと花粉症

イギリスの 「Viva」は、 1994年に設立された、動物保護を主体に、ヴィーガンになることへの活動などを行っているイギリスの慈善団体です。

こちらのサイトにある記事を要約して以下にご紹介します。

 

牛乳アレルギーは、100人中2~7人の赤ちゃんに影響を与える最も一般的な小児期の食物アレルギーの1つです。

症状には、皮膚反応(唇や顔、目の周りの赤い、かゆみを伴う発疹や腫れ)・胃痛・嘔吐・疝痛・下痢・便秘などの消化器系の問題、鼻水や鼻づまり、湿疹などの花粉症のような症状から、突然起こるより重篤な反応(アナフィラキシー)までがあります。

牛乳アレルギーは、他のアレルギー反応と関連しているため、花粉症の症状に対抗するためには、乳製品をすべて避けることを検討するのが賢明かもしれません。

牛乳アレルギーの確実な治療法は、牛のミルクや乳製品をすべて避けることだけです。

また、パン・加工シリアル・インスタントスープ・マーガリン・サラダドレッシング・お菓子・ケーキミックス、さらにはポテトチップスなどに一般的に使用されている牛乳の隠された成分も避ける必要があります。

牛乳の代わりに、カルシウムが豊富な大豆・米・オート麦のミルクを使用できます。

(出典:viva「Cow’s milk allergy」

 

牛乳アレルギーは、他のアレルギー反応と関連しているため、花粉症の対策として牛乳の代わりに植物性ミルクを試すのも良いかもしれませんね。

詳しくは、以下の記事も参考にしてください。
牛乳などの乳製品を控えることで健康に?その理由と代替品をご紹介

また、乳製品を控えるために、「植物性ミルクでつくるヴィーガンヨーグルトのレシピ」も参考にしてください。
【レシピ】お家で作れる!ヴィーガンヨーグルトのレシピ7選

 

同じ「Viva」のサイトから、「湿疹・喘息・花粉症」に関する興味深い記事もありますので、要約して以下にご紹介します。

 

湿疹・喘息・花粉症と食事

イギリス人の12人に1人が喘息、子供の5分の1が湿疹、大人の12人に1人が湿疹、そして4分の1の人が花粉症です。

すべてのアレルギーは増加傾向にあり、花粉症は過去20年間で倍増しています。

 

その理由には様々な説があり、それぞれの症状に共通しています。

その理由の一つに「衛生仮説」や「うるさい親症候群」と呼ばれるものがあります。親が赤ちゃんの衛生にこだわり過ぎると、子どもが成長する過程において細菌と戦う力が弱まります。

私たちの免疫システムが成熟する機会を得られないため、花粉症の場合は花粉、喘息患者や湿疹患者の場合はホコリや猫の唾液などの「アレルゲン」に対して過剰な反応を起こし、有害な侵入者と勘違いしてしまうのです。

 

また、地球温暖化も花粉症の原因の1つで、今では3月、4月にまで木の花粉で始まる季節が拡大し、5月、6月には草花粉が飛来します。

花粉の粒に含まれるたんぱく質が洗い流されると、汚染された空気中の粒子に付着して吸い込むという説もあります。

ニュージーランドの農村部などで行われた喘息の研究では、大都市の中心部に住んでいても、郊外に住んでいても、子供たちは喘息を発症する可能性が同じであることが示唆されています。

 

国際的な研究では、イギリスを含む豊かな国の子供たちは、貧しい国の子供たちよりもアレルギーに苦しむ可能性が高いことがわかりました。

 

その理由は主に2つあります。

第一に、私たちが豊かになればなるほど、家の断熱性が向上し、ダニが繁殖するのに最適な場所を提供しています。

また、快適な家の中をテレビやガジェット、コンピュータゲームで満たす余裕があるため、ダニやカビと一緒に室内で過ごす時間が長くなっています。

 

第二に、皮肉なことに、私たちが豊かになるにつれて、より多くの子供たちが栄養失調になっています。

2000年6月には、イギリスで4歳から18歳までの若者の食生活を調査した全国的な食事と栄養に関する調査が発表されました。

それによると、子供たちの約80%が、白いパン、風味豊かなスナック、ビスケット、チップス、チョコレート菓子を食べていました。

また、60~75%の子供たちは、調査週の間に、柑橘系の果物や葉物の緑黄色野菜を食べていませんでした。

このように、食事の質が低下すると、免疫システムが正常に発達せず、アレルギーを招く原因となります。

 

私たちをアレルギーから守る食品

アレルギーの引き金となる食品もあれば、私たちを守ってくれる食品もあることが知られています。

大まかに言えば、アレルギー反応を引き起こす最大の食品は牛乳です。

湿疹を持つ子供のほぼ3分の1では、食品が引き金になる可能性があり、10%では、それが主な引き金となっています。

湿疹に関連する最も一般的な食品は、牛乳と卵であり、少ない食品は、魚・大豆・小麦・ナッツ類でです。(National Eczema Society)

 

食品の中には、アレルギーを防ぐのに役立つものもあります。

例えば、オランダの研究では、果物や野菜を最も多く食べている人が最も健康的な肺機能を持っていたことが示されています。

ビタミンC(新鮮な果物や野菜から)E(ナッツや種子、アボカド、トマト、全粒粉などから)も喘息を持つ人々の肺の炎症反応の重症度を軽減するのに役立つと考えられています。

高レベルの栄養素を含む食事はまた、免疫システムを向上させ、風邪やインフルエンザ(どちらも一般的な喘息の引き金となる)を追い払うのに役立ちます 。(Asthma UK

 

研究では、湿疹のある子供にオメガ3が豊富なオイルをこすりつけると、症状が緩和されることが示されています。オメガ3が豊富な食事を摂ることもそうです。

これらは、亜麻仁・菜種・大豆の油・ナッツ(特にクルミ)・葉物野菜に含まれる優れた脂肪です。これらの脂肪は皮膚の細胞膜に取り込まれ、潤いを保つのに役立ちます。

 

食生活がアレルギーに影響を与えるもう1つの例は、フィンランドの研究でもあります。

この研究では、母乳育児中の母親の食事が動物性脂肪が多く、オメガ3が少ない場合、赤ちゃんが湿疹を発症するリスクが高まることが示されています。

 

現在、イギリスではアレルギーが非常に一般的であるため、王立内科医協会はアレルギーを流行と呼んでいます。

強力な遺伝的要素も関係していますが、攻撃の可能性を最小限に抑えるために、健康と免疫システムを高めることが不可欠です。

つまり、果物・野菜・ナッツ・種子・全粒穀物・オメガ3が豊富な健康的なヴィーガン食にする事です。

(出典:viva「Eczema, asthma, hayfever and diet」

 

湿疹・喘息・花粉症と、根本的な体の変化は非常によく似ています。

これらはすべて、通常は無害な物質に対して免疫系が反応するアレルギー反応に起因しています。

花粉症は、花粉に対してヒトの体が起こすアレルギー反応であるため、症状を抑えるために健康と免疫システムを高めることが大切です。

そのため、上記で言われるように、乳製品や卵は避け、プラントベースのヴィーガンの食生活に切り替える事は、花粉症を抑える上で意味のあることだと言えるでしょう。

 

プラントベースの食品で、「花粉症の抑制効果が確認された食品」もありますので、次にご紹介します。

 

花粉症の抑制効果が確認された食品

ブロッコリースプラウトエキス

食事療法による花粉症の予防も注目されており、「カゴメ株式会社は、東京理科大学薬学部薬学科(千葉県野田市)谷中昭典教授との共同研究で、ブロッコリースプラウトから熱水で抽出したエキスを含有したサプリメントの摂取により、体内にスルフォラファンが吸収され、解毒酵素の活性を高めることを、ヒトを対象にした試験で確認しました。」

共同研究者 東京理科大学 谷中昭典教授のコメント

ブロッコリースプラウトに含まれるスルフォラファンは、がんを抑制する作用だけではなく、花粉症症状の指標である好酸球やIgEの増加を抑制することが明らかになっています。

今回のヒトを対象にした研究により、ブロッコリースプラウトエキスをサプリメントとして摂取することで、スルフォラファンが吸収されることや解毒酵素の活性が高まることが明らかになりました。

これらの結果から、スルフォラファンの供給源としてブロッコリースプラウトのサプリメントを摂取することが、種々の疾病予防に対して有効であることが期待されます。

(引用:kagome「 ニュースリリース」

 

ブロッコリースプラウトは、かいわれ大根によく似た野菜であり、スーパーマーケットで購入可能です。

サラダやサンドイッチなどにそのまま使え、大変気軽に優れた栄養素を摂ることが出来ます。

また、ブロッコリースプラウトのサプリメントは、ネットショップなどで購入可能ですから、気になる方はチェックされてはいかがでしょうか。

 

「サラダのトッピングにおすすめしたい、タンパク質豊富な食材」の記事も参考にしてください。
サラダをタンパク質たっぷりに!トッピングしたい食材7選|簡単なレシピもご紹介

「ヴィーガン・ベジタリアン対応の植物性ドレッシング」で野菜が美味しく召し上がれます!
【ヴィーガン】野菜が100倍美味しくなる!植物性のドレッシング7選

 

バナナを食べると花粉症が改善される

筑波大学医学医療系の研究グループは、「バナナ摂食によるスギ花粉症の予防効果に関する臨床試験を実施」し、バナナ摂食が花粉症の自覚症状改善に効果があることを確認しました。

 

研究グループは、バナナにポリフェノールなどの抗酸化物質や免疫反応調節作用を持つオイゲノールなどの香料が豊富に含まれていることに注目。

花粉症のモデルマウスを使った実験で、バナナ摂取がアレルギー反応の抑制に効果があることを確認しました。

そこで、人間でも同様の効果があることが示唆されたとして、スギ花粉症の患者を対象にバナナによる症状改善効果を調べました。

 

まず52人の患者を毎日約2本のバナナを食べるグループと、試験期間中にバナナを禁止したグループの2班に分け、自覚症状に違いが出るかを調べました。

試験期間は花粉が飛散する2週間前の今年1月から8週間とし、花粉飛散前(1月下旬)と飛散開始直後(2月下旬)、大量飛散時期(3月下旬)の3回にわたって問診と血液検査をしました。

その結果、バナナを食べたグループは食べなかったグループに比べ、くしゃみの悪化が抑制されました。

鼻アレルギーの自覚症状の重症度やアレルギー反応の指標になる血中好酸球の数、抗体IgEの値には有意な差は見られなかったものの、35歳以下の男性でIgE値の低い患者群は、バナナを食べた方が、くしゃみや鼻づまりなどのアレルギー症状や日常生活の質(睡眠、身体機能、精神生活など)を評価するQOLスコアが明らかに改善していました。

(出典:つくばサイエンスニュース「花粉症対策にバナナが有効―毎日2本の摂取で自覚症状の改善:筑波大学」

 

バナナは気軽に取り入れられ、ヴィーガンでは卵の代替品としても使われます。

卵もアレルギーと関係のある食品ですから、控えることで良い効果に繋がる可能性もあるかもしれません。

詳しくは、「卵は健康に悪い?その実態と理由を徹底解説」の記事を参考にしてください。

卵は健康に悪い?その実態と理由を徹底解説|卵の代替品もご紹介

 

花粉症の緩和:症状を和らげるのに役立つ食品6選!

医療行為は質の高い情報に基づくべきであり、可能な限り証拠に基づく医療原則に基づくべきであると考える、献身的な医師・医療専門家・情報専門家、患者の間のコラボレーションであるイギリスの「NetDoctor」からの情報をご紹介します。

 

①コーヒーを他の飲み物にする

鼻水が出ているときは、抗炎症作用のある緑茶、白茶、ネトル茶を試してみてください。

大量のカフェインがヒスタミンを放出させ、花粉症の症状を悪化させる可能性があります。

過剰なカフェインは肝臓のうっ血を引き起こし、アレルギーを悪化させる可能性があると言われている。

 

②乳製品の摂取量を減らす

アレルギー反応を起こしやすい人の多くは、乳製品が原因である可能性があるため、牛乳の代わりにアーモンドミルクやライスミルクなどを試してみる価値はあります。

ただし、砂糖が添加されていないものにし、塩分を確認してください。

 

③生姜をもっと食べる

新鮮な生姜を多く食べることで、アレルギーの原因となる炎症を落ち着かせ、天然の鎮痛剤として作用します。

 

④甘いスナックを辞める

精製された砂糖は血糖値を急上昇させ、ヒスタミンの放出を活性化させます。

自然な糖分補給には、新鮮なフルーツやドライフルーツを間食しましょう。

 

⑤ビタミンCの補給

新鮮な果物や野菜で食事を満たし、ビタミンCを常備しておくことで、鼻の奥をサポートし、血中のヒスタミンの量を減らすことが出来ます。

 

⑥抗炎症作用のある食品を食べる

アレルギーは炎症と結びついているので、これを体内で自然に抑えるカラフルな食べ物を試してみてください。

  • ブルーベリーやブラックベリーを含むベリー類
  •   紫色のブドウ
  •   ブラックカラント
  •   ニンジン・サツマイモ・カボチャ・バターナッツスカッシュなどの根菜類
  •   マンゴー・パパイヤ・パイナップル・イチジクなどのトロピカルフルーツ
  •    アボカド
  •    ニシン・イワシ・サーモンなどの魚
  •    カボチャ種子油や亜麻仁油のような健康的なオイル

これらの多くには、呼吸器系に優れたβカロテンが含まれています。

(出典:NetDoctor「Hay fever relief: 6 foods that could help ease symptoms」

 

魚類を除いてはほぼヴィーガンの食品ですね。

魚を食べないとなると、何からオメガ3を摂取したらよいかわからない方は、「オメガ3が多く含まれる植物性食品」の記事を参考にしてください。
【保存版】ヴィーガン必見!オメガ3が多く含まれる植物性食品

 

ヴィーガンの方は今まで通りの食生活に加え、さらに美味しくする方法を知ることでお料理も楽しくなると思います。

また、ヴィーガンでない方は、簡単なレシピから試されて、ヴィーガンのヘルシーなメニューを徐々に取り入れることから始めてみてはいかがでしょうか?

 

「ヴィーガン料理を美味しくする食材」を知って健康的なお料理を楽しみましょう!
【これだけあればOK】ヴィーガン料理を美味しくする食材7選

ヴィーガンのお料理に興味のある方必見!「初心者の方におすすめのヴィーガンレシピ」を参考にしてくださいね。
初心者におすすめ!簡単にできるヴィーガンレシピ7選

 

まとめ

 

ヴィーガンになれば、「花粉症」にならない訳ではありませんが、牛乳の摂取は花粉症を悪化させる可能性がありますし、プラントベースの食事が花粉症の症状を和らげる可能性もあるようです。

また、科学的根拠はありませんが、「食生活を見直すことで花粉症が改善された」という実体験は多いようです。

ただし、食生活改善は、花粉シーズンだけでなく、1年を通じて行うことが大切です。

そのため、徐々にプラントベースの食事を取り入れ、牛乳や卵の摂取を見直すことで、花粉症が緩和されるかもしれません。

今から食生活を見直し、免疫力を向上させ、少しでも快適な花粉シーズンとなるように対策を進めてくださいね。

 

2.3万フォロワー越えのインスタグラムも毎日更新しています🐰

食品からアパレルまで、650を越えるヴィーガン・プラントベース商品が購入できるハッピーキヌアセレクトショップをぜひ訪れてみてください。1%ポイント還元、さらに1%が地球環境・動物保護に寄付されます。毎週木曜日に新商品も追加されます、お楽しみに。

お買い物はこちらから。

↓ お買い物はぜひ、ハピキヌストアで ↓spot_img
↓ ハピキヌの公式インスタはこちら ↓spot_img
- ハピキヌストアへのリンクはこちら -spot_img
- LINE登録でお得なクーポンゲット -spot_img
spot_img
spot_img
spot_img
spot_img

新着記事

人気投稿

記事カテゴリー

ハッピーキヌア編集部
ヴィーガン情報を毎日お届け「ハッピーキヌア編集部」です。インスタグラムやツイッターでも毎日ヴィーガンコンテンツを発信中。フォローしてね! #ハピキヌ

おすすめ記事