ヴィーガン必見!カルシウムが多く含まれる植物性食品【保存版】

ヴィーガン必見!カルシウムが多く含まれる植物性食品【保存版】

牛乳やヨーグルトを食べないと、何からカルシウムを摂るべきか分からないヴィーガン必見!カルシウムが多く含まれる植物性食品をご紹介します。カルシウムの役割についても徹底解説。

ハッピーキヌア編集部
2020年10月23日
 

ご自宅で手軽に作れる安心安全のオーツミルク。今なら以下リンクから、初回お試しセットが70%オフの2,360円でお楽しみいただけます。いますぐチェック!

ヴィーガン必見!カルシウムが多く含まれる植物性食品【保存版】
カルシウムは、人間を含む、細胞核を持つすべての生物が必要とする栄養素です。

また、体内で最も豊富なミネラルであり、骨の健康に不可欠でもあります。

そのため、毎日の食事に意識して摂りたいカルシウムですが、「カルシウム=牛乳やヨーグルトなどの乳製品」を思い浮かべる方も多いと思います。

しかし、乳製品以外にも、カルシウムが多く含まれる植物性食品は多くあります

そこで今回は、牛乳やヨーグルトを摂らないヴィーガンに大切となる、カルシウムが多く含まれる植物性食品をご紹介します。

 

カルシウムとは?

まず、カルシウムについて、もう少し詳しくご説明します。

人間は、強い骨を作り維持するためにカルシウムを必要とします。

体のカルシウムの99%は骨と歯にあり、残りの1%はカルシウムイオンとして血液などの体液や筋肉などに含まれています。

このカルシウムイオンが、筋肉や神経などを正常に機能させるために不可欠とされます。

また、カルシウムは人間の身体の中に最も多く存在するミネラルで、体重の約1~2%を占めています。

(出典:medicalnewstoday「Calcium-rich foods that vegans can eat」

 

それでは、カルシウムの体内での具体的な役割を以下にご紹介します。

 

骨の健康

人体のカルシウムの約99%は骨と歯にあります。カルシウムは、骨の発達、成長、維持に不可欠です

子供の成長過程においては、カルシウムは骨の発達に貢献します。

また、身体の発達を終えた成人でも、カルシウムは骨を維持し、老化プロセスの一部となる骨密度の低下を遅らせる助けをします。

すでに閉経を経験している女性は、男性や若い人よりも、高い割合で骨密度が低下している可能性があり、骨粗鬆症を発症するリスクが高くなります。

そのため、医師により、カルシウムサプリメントをすすめられることもあるでしょう。

(出典:medicalnewstoday「Calcium-rich foods that vegans can eat」

 

筋肉の収縮

カルシウムは筋肉の正常な働きに不可欠です

筋肉の収縮は、筋肉中に存在するカルシウムイオンの濃度変化によって左右します。

筋肉は、2種類の筋たんぱく質が互い違いに重なっており、これらがスライドすることにより筋肉が収縮します。

この筋肉の収縮をコントロールするための成分が、「トロポニン」というたんぱく質です。

脳から筋肉を収縮させる命令がでると、カルシウムイオンが放出され、トロポニンと結合することで筋肉が収縮するのです。

骨格筋だけが筋肉ではなく、心臓や血管などの内蔵全般も筋肉です。

人間が生きていくためには、これらを正常に働かせる必要があるため、カルシウムは人体に欠かすことのできないミネラルだと言われます。

(出典:medicalnewstoday「Calcium-rich foods that vegans can eat」

 

心臓血管系

カルシウムは、血液凝固において重要な役割を果たします

この凝固のプロセスは複雑で、いくつかのステップがあり、これらには、カルシウムを含むさまざまな化学物質が含まれます。

筋肉機能におけるカルシウムの役割には、心筋の作用を維持することが含まれ、カルシウムは血管を取り巻く平滑筋を弛緩させます。

さまざまな研究により、カルシウムの大量消費と血圧の低下との間に関連がある可能性が示されています。

(出典:medicalnewstoday「Calcium-rich foods that vegans can eat」


初回最大15%オフになるiHerbリンクはこちら

Amazonで買えるおすすめヴィーガン商品はこちら

楽天で買えるおすすめヴィーガン商品はこちら

おすすめヴィーガンレザー商品はこちら

ハッピーキヌア編集部
ヴィーガン情報を毎日お届け「ハッピーキヌア編集部」です。インスタグラムやツイッターでも毎日ヴィーガンコンテンツを発信中。フォローしてね! #ハピキヌ

LINE

Facebook