【ヴィーガン】白砂糖かどうかわからない!原材料に含まれる「砂糖」とは

【ヴィーガン】白砂糖かどうかわからない!原材料に含まれる「砂糖」とは

加工食品の原材料に含まれる「砂糖」は白砂糖なのか?ヴィーガンなら気になる疑問点を徹底解説。白砂糖の代替品として、ヴィーガン向けの砂糖もご紹介します。

ハッピーキヌア編集部
2020年11月14日
【ヴィーガン】白砂糖かどうかわからない!原材料に含まれる「砂糖」とは
ヴィーガンは砂糖の中でも「白砂糖」を避ける場合があります。

この一般的な理由は、白砂糖の精製過程で、「骨炭(牛骨炭)」という畜産動物の骨が使われているからです。

そこで気になるのが、お菓子などの加工食品の原材料に含まれる「砂糖」です。

この砂糖とは、白砂糖を指しているのか分からずに、購入を躊躇われる場合もあるのではないでしょうか。

そこで今回は、原材料に含まれる砂糖とは「白砂糖」なのか調べ、ご紹介します。

 

ヴィーガンが白砂糖を避ける理由

冒頭でも述べました通り、白砂糖の精製過程で、「骨炭(牛骨炭)」という畜産動物の骨が使われているため、ヴィーガンは「白砂糖」を避ける場合があります。

「骨炭(こつたん)」とは、動物の骨を800℃以上の高温で蒸し焼きにし、完全に有機物を炭化させて作った炭のことです。

 

「ヴィーガン主義は、食物、衣類、またはその他の目的のために動物を虐げるあらゆる形態を可能な限り、実行可能な範囲で排除しようとする哲学および生き方です。

ひいては、動物、人間、環境の利益のために、動物を含まない代替品の開発と使用を促進します。 食事の用語では、全体的または部分的に動物に由来するすべての製品を省く慣行を意味します。」

(引用元:vegansociety「Definition of veganism」

そのため、食事から動物由来のものを排除するだけでなく、白砂糖の精製過程など、すべてから動物由来のものを排除します。

 

詳しくは、「ヴィーガンが白砂糖を避ける理由」の記事も参考にしてください。

ヴィーガンは白砂糖を避ける?理由とおすすめの砂糖も紹介

 

原材料に含まれる「砂糖」とは?

白砂糖は精製過程で、「骨炭(牛骨炭)」という畜産動物の骨が使われているため、ヴィーガンが避けるのはお分かり頂けたと思います。

そこで気になるのは、「原材料に含まれる砂糖は白砂糖なの?」という点だと思います。

 

結論から言いますと、加工食品などの原材料に「砂糖」とある場合、白砂糖が使われている可能性は高いです。

その理由として、以下が考えられます。

  • 日本で最も一般的な砂糖は「白砂糖(上白糖)」であり、消費量も最も多く、食品原料として流通している砂糖の中で、最も入手しやすくコスト的にも使いやすい。
  • 「てんさい糖」や「黒糖」のような、コストの高い砂糖を原材料に使用していれば、てんさい糖や黒糖と積極的に表示すると考えられる。

ただし、可能性が高いだけであり、この点に関しての明確な回答がないのも事実です。

そのため、気になる場合は、製造メーカーに直接問い合わせることをおすすめします。

 

原材料の「砂糖」が白砂糖の可能性は高いですが、原材料にヴィーガン向けの砂糖が表示されている場合もあります

 

それでは、「ヴィーガン向けの砂糖」と「表示の仕方」などについて次にご紹介します。

 

初回最大15%オフになるiHerbリンクはこちら

Amazonで買えるおすすめヴィーガン商品はこちら

楽天で買えるおすすめヴィーガン商品はこちら

おすすめヴィーガンレザー商品はこちら ソイミート7種の実食レビュー記事はこちら
ハッピーキヌア編集部
ヴィーガン情報を毎日お届け「ハッピーキヌア編集部」です。インスタグラムやツイッターでも毎日ヴィーガンコンテンツを発信中。フォローしてね! #ハピキヌ

LINE

Facebook