都内最高峰のNYスタイルヴィーガン「The Burn」のカリフラワーステーキがやばい

都内最高峰のNYスタイルヴィーガン「The Burn」のカリフラワーステーキがやばい

東京・青山にある「The Burn」のカリフラワーステーキが美味しすぎる!気になる味を、口コミ混じえてご紹介。また、その他ヴィーガン対応メニューや、店舗・シェフの情報も詳しくご紹介します。

ハッピーキヌア編集部
2020年11月13日
 

ご自宅で手軽に作れる安心安全のオーツミルク。今なら以下リンクから、初回お試しセットが70%オフの2,360円でお楽しみいただけます。いますぐチェック!

都内最高峰のNYスタイルヴィーガン「The Burn」のカリフラワーステーキがやばい
満足感のある、美味しいヴィーガン料理が食べたい!

そんな方に、今回ご紹介するのは、都内最高峰のNYスタイルヴィーガン 「The Burn」のカリフラワーステーキ!

見た目の美しさはもちろん、スパイスやハーブを絶妙に組み合わせて焼き上げたカリフラワーは、女性でもおかわりをする方がいるほどの絶品。今、話題を呼んでいます。

 

「The Burn」のカリフラワーステーキとは、どういったものなのか?

お店やシェフの情報から、その味まで、詳しくご紹介します。

 

NYの最先端食シーンを満喫できる「The Burn」

 

View this post on Instagram

 

A post shared by THE BURN (@theburn_aoyama) on

「The Burn」は、東京青山にある、ニューアメリカン料理がメインのグリルレストランです。

 

「The Burn」は、“焦がす”、“燃える”などといった意味。

燃え上がる炎を連想させ、豪快なグリルレストランを象徴しています。

 

料理だけでなく、内装のハイセンスさも人気の秘密。

店内は、カジュアルなバーエリアから始まります。

キッチンの躍動感がダイレクトに伝わる、ハイテーブルエリア、その先にはメインダイニングがあり、様々なシーンで使用できます。

 

【詳細情報】

The Burn
住所:東京都 港区 北青山 1-2-3 青山ビル B1F
電話番号:050-5596-7329
営業時間:ランチ 11:30~15:00 (14:00 L.O) /ディナー 17:30~23:00 (22:00 L.O)
定休日:日曜・祝日

 

シェフはどんな人?

 

View this post on Instagram

 

A post shared by The SG Club (@the_sg_club) on

The Burnのシェフは、「米澤 文雄(よねざわ ふみお)」さん。

なんとこの方、2013年に行われた、アメリカ大使館「Taste of America」で日本大会優勝をしています。

更に、2015年に行われた「RED U-35」では、ゴールドエッグに選ばれています。

 

このような受賞をするまでの経歴は、以下の通りです。

  1. 高校卒業後、恵比寿にある「イル・ボッカローネ」で修行。
  2. その後、22歳でニューヨークへ。
  3. インターンを経験後、「Jean-Georges」で、日本人初の副料理長となる。
  4. 帰国後、「KENZO ESTATE WINERY」でシェフマネージャーなどを経験、2014年「Jean-Georges Tokyo」オープン時より、総料理長として就任。

 

22歳という年齢で、単身でニューヨークで修行をしたり、その後日本人初の副料理長に抜擢されたりと、才能と努力に満ち溢れている人物であることがわかります。


初回最大15%オフになるiHerbリンクはこちら

Amazonで買えるおすすめヴィーガン商品はこちら

楽天で買えるおすすめヴィーガン商品はこちら

おすすめヴィーガンレザー商品はこちら

LINE

Facebook