実はヴィーガンじゃない!動物性素材を使っている気を付けたい食材10選

ヴィーガンだと思い込んで食べているかもしれない、実はヴィーガンではない食材を10選ご紹介!見分けるポイントに関しても丁寧に解説します。

ヴィーガンは動物性の素材を避けますが、見た目だけでは植物性なのか動物性なのか、判断しにくいケースがあります。

今回は、一見すると植物性に見えるけど、実は動物性の素材が含まれている食材をご紹介します。

 

実は動物性の素材が含まれている食材とは?

見分けるポイントは?

肉・魚・卵・乳製品の摂取を避けたとしても、残されたものがすべて植物性であるとは限りません。

納得して口に入れられる食材を探すには、食材の裏側を知る必要があります。

見分けるポイントをご紹介します。

 

植物性に見える食材に、動物性の素材が含まれてしまう主なケースは、以下の4つがあげられます。

  • 製造の過程で動物性の素材を利用するもの
  • 副原料として動物性の素材が含まれているもの
  • 原料が何かがわかりにくいもの
  • 動物の犠牲の上で生産されているもの

 

これらをしっかり見極めて、ヴィーガン食材だけを取り入れていきたいですね。

早速確認していきましょう。

 

ヴィーガンが気をつけたい食材10選

1. 白砂糖

サトウキビから作られる砂糖は、植物性ですが、白く精製する過程で、骨炭が使われている可能性があります。

骨炭とは、動物の骨を焼いて作った物です。砂糖をろ過して漂泊する時に使います。

骨炭でろ過をしても、骨が砂糖に直接添加されるわけではありません。

しかし、生き物の骨を製造過程に使うので、ヴィーガンとしては避けたいものです。

 

一部の砂糖は、骨炭の代わりに植物性のフィルターで精製しており、パッケージの表記で選別する事ができます。

また、てんさいから作られた「てんさい糖」であれば、精製に骨炭を使わないので安心です。

とはいえ、そもそも砂糖は過度に精製を施した食材です。

そのため、メープルシロップやアガペシロップなどの自然な甘味料を、多くのヴィーガンは愛好しています。

白砂糖に関して、より詳しく知りたい方は、是非こちらの記事も参考にしてください。

ヴィーガンは白砂糖を避ける?理由とおすすめの砂糖も紹介

 

2. ワイン

ワインは、植物のぶどうから作られています。しかし、製造工程でオリという沈殿物を除去する際に、卵白魚の浮き袋を使う事があります。

それらの動物性の素材は、最終的にワインの中から全て取り除かれる事になっているので、原材料表示には記載されません。

ですが、動物性の素材が製造過程で使用されるワインを、砂糖と同じように多くのヴィーガンが避けています。

 

ワインの作り手によっては、ヴィーガン向けに、動物性の素材を使わず製造している場合もあります。また、未精製のワインもあります。

そのようなワインを選択すれば、食卓の幅を広げる事ができますね。

ヴィーガン対応のアルコール製品に関しては、以下の記事も参考にしてください。

ヴィーガンはアルコールを飲む?おすすめの商品も紹介

 

3. めんつゆ

 和食といえばヘルシーなイメージがありますが、多くの場合、出汁(だし)にはかつお節など魚介類のエキスが入っています。

そのため、お店でそばやうどんを食べる時は、ヴィーガン専門店でない場合には、醤油や塩に麺をつけて食べる方が多いようです。

つゆにつけない方が麺の味がよくわかるからと、やみつきになる人もいるようです。

一方で、ヴィーガン対応のだしつゆ・めんつゆも、たくさん販売されています。

手軽で美味しい!ヴィーガン対応の「だしつゆ」7選

 

4. キムチ

キムチは韓国の漬物です。

白菜や大根などの野菜がメイン素材ですが、原料にはアミや塩辛などの動物性食材が含まれています。

魚介類をうま味に利用しているキムチは、めんつゆ同様、エキス分に注意を払うべき食材です。

 

5. 中華麺

全てではありませんが、ラーメンや焼きそばの麺には、卵が含まれている場合があります。

黄色く着色しているだけの麺もありますので、見た目での判断は難しいものです。

麺を購入する時は、パッケージに書かれている原材料表示で確認できます。

また、外食する時は、店員に使用の有無を教えてもらう事で確認できます。

 

6. パン

多くのパンには、砂糖、バターや脱脂粉乳などの乳製品、そして卵が添加されています。アレルギー対応食のパンであれば、識別することは可能です。

また、最近では、白砂糖をてんさい糖へ、乳製品を豆乳へ代えた、ヴィーガン対応パンを店舗でも見かけるようになりました。

クリエイティブに自作してみるのもいいかもしれませんね。

 

7. ゼラチン

独特の食感の、グミ・ゼリー・マシュマロ・ババロアは、ゼラチンによって形成されています。

実はゼラチンは、動物のコラーゲンから抽出したものです。

では、ゼリーなどは食べられないのかというと、そうとは限りません。

柔らかい食感は、海藻から作る寒天やアガー、デンプンから作る葛粉や片栗粉などで代用が可能です。

 

8. 練り物

かまぼこ・ちくわ・はんぺんなどの練り物は、主に魚を原料としています。

これは、日本人なら誰もが知っている事実かもしれません。

しかし、あまりにも魚と姿形がかけ離れているために、意識していないと、つい魚である事を忘れてしまいます。

 

9. はちみつ

主に花の蜜から作られるはちみつは、一見すると植物性に思えます。しかし、それを作っているのはミツバチです。

ミツバチが苦労して集めたはちみつを、人間が横取りする行為に、多くのヴィーガンがNOと意思表示をしています。

風味は若干異なりますが、メープルシロップなどで代用できますね。

はちみつの代替品などに関しては、こちらの記事も参考にしてください。

ヴィーガンがハチミツを避ける理由|代替品も紹介

 

10. パーム油

パーム油は、パームヤシから作られる植物性の油ですが、ヴィーガンにとってパーム油は特別です。

なぜなら、主にパーム油は、熱帯雨林を農地化して作る油だからです。

熱帯雨林には多様な生き物が数多く生息しています。壊せばそこに住んでいた生き物に逃げ場はなく、また、一度壊すと元に戻せません。

開発の手段があまりにも横暴なので、この問題にはヴィーガンでない人も声を上げています。

 

そのようにして、熱帯雨林を破壊して作るパーム油産業は、多くの生き物の住みかと命を奪う事で成り立っています。

動物の苦痛に強く共感できるヴィーガンにとって、そのような経緯で作られた素材を口にするのは、実に耐え難いものとなります。

 

パーム油に関しては、こちらの記事も参考にしてください。

ヴィーガンがパームオイルを避ける理由|代替品も紹介

 

まとめ

実はヴィーガンではない、気を付けたい食材をご紹介しました。

これだけ紛らわしいものが多いと、食べ物を制限をされている気がして、食事がつらくなってしまう人もいるかもしれません。

そんな時は、「これは何でできているのかな。どこから来たのかな」と、楽しんで想像する事が大切です。

また、無理なく完璧を目指し過ぎない事もコツの一つです。

理解したうえで食べない、そしてたまには理解したうえで敢えて食べることで、より豊かな食生活に変えていけるといいですね。

 

2.3万フォロワー越えのインスタグラムも毎日更新しています🐰

食品からアパレルまで、650を越えるヴィーガン・プラントベース商品が購入できるハッピーキヌアセレクトショップをぜひ訪れてみてください。1%ポイント還元、さらに1%が地球環境・動物保護に寄付されます。毎週木曜日に新商品も追加されます、お楽しみに。

お買い物はこちらから。

- セレクトショップへのリンクはこちら -spot_img
spot_img
spot_img
spot_img
spot_img

新着記事

人気投稿

記事カテゴリー

アバター
ハッピーキヌア編集部
ヴィーガン情報を毎日お届け「ハッピーキヌア編集部」です。インスタグラムやツイッターでも毎日ヴィーガンコンテンツを発信中。ぜひフォローお願いします! #ハピキヌ

おすすめ記事