ワインに含まれる動物性成分とは? 注意したいヴィーガンワインの選び方

ワインは葡萄から作られているので、ヴィーガンに違いないと思っていませんか?実はほとんどのワインは、ヴィーガンフレンドリーではないのです。この記事では、ワインがヴィーガンフレンドリーではない理由、ヴィーガンワインの見分け方、そして日本でも買えるヴィーガンワインをご紹介します。

欧米では、ここ数年でヴィーガンワインを製造するワイナリーが増え、手軽にヴィーガンワインを楽しめるようになり始めました。

日本でも、ヴィーガンの認知度の向上に伴い、ヴィーガンワインを輸入販売する販売店も増えてきました。

 

ここで疑問に思われた方もいるかもしれませんが、通常の工程で造られるワインは、ヴィーガンフレンドリーではないのです。

今回は、どうしてワインがヴィーガン対応ではないのか、ヴィーガンワインを選ぶポイントについてご紹介していきます。

 

ワインがヴィーガンフレンドリーと言えない理由

どうして葡萄の果汁を発酵して作られるワインが、ヴィーガンフレンドリーではないのでしょうか?

その理由は、ワインの製造過程で動物性食品が使われているからです。

 

ワインの醸造工程には、透明度を上げる「清澄」という工程があります。

この工程で使用される清澄剤の代表的なものは、卵白、乳タンパク質、魚や肉から抽出されて作られるゼラチンなどです。これらは、動物由来です。

この清澄剤が、ワインがヴィーガンでないと言われる理由です。

 

清澄は必要?

清澄をしなくても美味しいワインはできます。

 

「オリ引き」と呼ばれる、不純物を沈殿させ、できたワインの上澄みを他の容器に移し替える工程だけでも、ワインは美味しく作ることができます。

しかし、不純物が沈殿するのには、かなり時間を要するため、若いワインを出荷したい場合には非効率です。

 

そして、オリ引きのみだと、不純物が残りワインは濁った状態になってしまいます。

濁ったワインでも良いと思う方もいるかもしれませんが、ワインを楽しみたい方に人気があるのが、透き通ったワインです。

また、清澄はワインを手早く安定化させてくれる効果もあるのです。

そのために、ほとんどのワインで清澄が行われています。

 

ヴィーガンワインの見分け方

植物性由来の清澄剤もあります。

植物性のタンパク質、珪藻土や活性炭などが、ヴィーガンワインの清澄剤として使われています。

上記でも述べたように、オリ引き工程のみをし、時間をかけワイン自ら安定化させ、無清澄ワインを製造するワインメーカーも増えています。

 

世界中で多くのワイン生産者が、ワインの清澄を行わないことを選択し、そのようなワインは通常、ラベルに「無清澄」と記載されています。そして、無清澄ワインはヴィーガンワインです。

 

見分け方

ラベルだけを注意深く見ても、ワインがヴィーガンかどうかを正確に判断するのは、難しい場合があります。

卵白、ゼラチン、乳タンパク質はすべてワイン製造工程で使用するので、原材料には記入されないためです。

最近では、欧州産ワインでは、ヴィーガンフレンドリーの認証のマークが付いていなくてもヴィーガンワインであるケースが増えています。

 

確実に簡単にヴィーガンワインを見分ける方法は、ヴィーガンフレンドリーの認証のマークがラベルに付いているかどうかで確認できます。

 

ヴィーガンワイン紹介

Frey Vineyard, 2016 Organic Carignane

 

フレイヴィンヤードはアメリカで最初のオーガニック農法を取り入れたカリフォルニアワイン農園です。

1980年にワイン造りを始めて以来、無添加、無農薬、そして無清澄の製法を変えることなく、高品質のワインを作り続けています。

 

フレイヴィンヤードでは、白ワインの清澄剤として、自然に発生する土粘土であるベントナイトのみを使用しています。

Silver & “Highly Recommended:” 2020 Tastings.com World Wine Championshipsを始めとし、さまざまな賞を獲得、雑誌に紹介されたサンジョベーゼワインです。

 

このサンジョベーゼワインは、ブラックチェリーそしてラズベリーのフルーティーな口当たりに、最後のフィニッシュにちょうど良いタンニンの繊細で上品な味わいが特徴。

 

Frey Vineyard公式ホームページはこちら

こちらのFrey Vineyard, 2016 Organic Carignaneはこちらから購入できます(楽天)。

 

DOMAINE TARIQUET, Sauvignon Blanc

 

ドメーヌ タリケは、フランス南西部のガスコーニュにある、100年以上続くワイン農園。

大西洋とピレネー山脈の間に位置するガスコーニュは、ワインにぴったりな、果皮が厚くみずみずしく、果実味に満ちた熟したブドウ作りに最適な場所です。

ドメーヌ タリケは、20年以上にわたり、自然肥料のみを使用し、環境保護に配慮した栽培方法をでサステイナブルなワインを作り、ヴィーガンにも対応できるワインも醸造しています。

 

タリケ ソーヴィニヨンは、ミネラルを伴うフローラルなノート。そして繊細ながらも、力強いしっかりとした味わいです。

 

Domaine Tariquetの公式ホームページはこちら

こちらのDomaine Tariquet, Sauvignon Blancはこちらから購入できます。

 

De Bortoli 17 Trees, Shiraz

オーストラリアの超名門、ワイナリー デ・ボルトリの新しいワインシリーズ17 Trees。

環境問題に配慮したボトルから、発送に使われる資材までできるだけ、環境負荷の少ないものを使用し、ぶどう作りから発送に至るまで、サステイナブル製法でワインが造られています。

 

17 Treesはヴィーガンワインのことはもちろん、17 Treesのヴィーガンワインが6本購入されるごとに、一本の木が植えられるという植樹プロジェクトも。2021年6月現在で、3万5千以上に木が植えられました。

17 Treesのワインは、さまざまな賞を受賞し、今ではオーストラリアワインのトップの1つである、ワイナリー デ・ボルトリが作っているので、その味は確かです。

 

ワイナリー デ・ボルトリは白ワイン、シャルドネが有名ですが、今回は赤ワイン、シラーズを紹介します。

プラム、ダークチェリーそしてチョコレートの甘さが程よく広がり、フルーツとタンニンのバランスが見事に混ぜあわさった、芳醇な味わいが楽しめます。

 

De Bortoli 17 Treesの公式ホームページはこちら

こちらのDe Bortoli 17 Trees, Shirazはこちらから購入できます(楽天)。

 

Kumeu River, Kumeu Village Chardonnay

ユーゴスラビアからニュージーランドに移住してきた、ブラコヴィッチ・ファミリーにより、クメウリヴァーワイン農園は始まりました。

最初は小さな農園から始まり、今では彼らの作るワイン特に白ワイン、シャルドネは、世界中で愛される白ワインです。

ブラコヴィッチ・ファミリーの長男で、醸造責任者を務めるマイケルは、世界で400人ほどしかいない、ニュージーランドでは初のマスター・オブ・ワインとなりました。

マスター・オブ・ワインは、ワイン業界においてもっとも名声の高い資格、日本でもこの資格の保有者はたった一人しかいません。

 

そんな、ブラコヴィッチ・ファミリーが作る、世界でも名高いクメウリヴァーシャルドネは、いつも冷蔵庫に常備しておきたいワイン。フルーツが口の中で爽やかに蘇り、ライムとレモンのエッジの効いた味わいです。

Kumeu Riverの公式ホームページはこちら

こちらのKumeu River, Kumeu Village Chardonnayはこちらから購入できます(楽天)。

 

Domaine Hide, Vegan

ドメーヌヒデは、日本のワイン発祥の地山梨県に位置する、南アルプス産の赤ワイン醸造にこだわったブティックワイナリーです。

ドメーヌヒデワイナリーの経営者、渋谷英雄氏は、月の満ち潮にこだわり、月のサイクルによるワイン醸造製法にこだわっています。

葡萄の声を聞きながら、月のサイクルを通して作るドメーヌヒデのワインは、国際的に有名なワインコンテストで、シルバー賞を得た実力のあるワイン

 

昔からの製法、足踏みで潰してできるドメーヌヒデ、ヴィーガンは、かすかな香ばしいリンゴとベリーそして優しいマロンの香りが特徴の、軽いのにしっかりとした味わいの赤ワインです。

Domaine Hideの公式ホームページはこちら

こちらのDomaine Hide, Veganはこちらから購入できます(楽天)。

 

 

キャメロン・ディアスもヴィーガンワインに参戦「Avaline」

 

View this post on Instagram

 

A post shared by AVALINE (@avaline)

 

 キャメロンは、市場に出回っているワインのほとんどに、70種類近くの添加物が使用されていることを聞き、「クリーン」なワインを作ろうと、自身のヴィーガンワインブランド「Avaline」を始めました。

Avalineのワインを作るために使用する葡萄は、フランスそしてスペインで作られています。

 

その葡萄を作る農園は何百年もの歴史がある古い農園です。

Avalineスパークリングワインの葡萄を作っている農園は、大型機械を使わず、虫や菌が繁殖し力強い土にするために、今でも馬で土を耕しているそうです。

 

Avalineロゼは、200年の歴史を誇る、フランスプロヴァンスのワイナリーで作られています。爽やかなメロンの香りで、夏の午後の、友達とのおしゃべりには欠かせないロゼワインです。

 

日本ではまだ購入できませんが、Avalineのワインはロゼワインの他にも、スパークリングワイン、白ワインそして赤ワインとあります。値段はそれぞれ約$25です。

キャメロンの他にSex and the Cityで有名になったサラ・ジェシカ・パーカーなど、アメリカのセレブたちがヴィーガンワインをプロデュースしています。

 

Avaline公式ホームページはこちら

 

まとめ

動物性食品を使わないで造られるワインの味は?と思われる方もいるでしょう。

味は動物性食品を使って造られるワインと変わりはありません。

ワインの透明感を出すために使われるので、味に支障は損なわれないのです。

 

ただし、無清澄ワインは、安定化が清澄ワインよりも不安定になるので、冷暗所できちんと保管することがひるようです。

長期保存には向いていません。

自分の好みのヴィーガンワインを見つけて、ぜひ楽しんでくださいね。

 
記事をお読みいただき、ありがとうございました。
ハッピーキヌアブランドがお届けする、100%ヴィーガン・THCフリーのCBDオイル「VICE VERSA(ヴァイスヴァーサ)」。
睡眠や集中力アップのお供に、リラックスや忙しい時向けの2タイプで大人気です。今だけ限定で25%オフ。今すぐ以下をチェック!
▼100%Vegan 欧州産高級CBDオイル▼spot_img
 
さらに、ヴィーガン生活に最適なハッピーキヌアの「プラントベース体験BOX」。
ソイミートやオリジナルヴィーガンキーマカレー、ヴィーガン竹歯ブラシなど10-12種類の商品が入っています。
ぜひお試しください。詳細は以下をクリック。
spot_img

 

Amazonで買えるおすすめヴィーガン商品はこちら

楽天で買えるおすすめヴィーガン商品はこちら

ハッピーキヌアおすすめヴィーガンレザー特集はこちら

2.9万フォロワー越えのインスタグラム🐰spot_img
- プラントベース商品が1,000種類。ストアへのリンクはこちら -spot_img

新着記事

- LINE登録でお得なクーポンゲット -spot_img

記事カテゴリー

人気記事

カナダの老舗ヴィーガンアパレルブランドMatt&Nat
spot_img
イギリスの大人気ヴィーガンアパレルブランドWill's Vegan
spot_img
アップルスキンレザーを使った
イタリアのヴィーガンシューズWomsh
spot_img
spot_img

おすすめ記事

29,000人のファンが集まるインスタグラム
ハッピーキヌア編集部
ヴィーガン情報を毎日お届け「ハッピーキヌア編集部」です。インスタグラムやツイッターでも毎日ヴィーガンコンテンツを発信中。フォローしてね! #ハピキヌ