この商品は大丈夫?ヴィーガン商品の原材料による見分け方のポイント7選

まだまだ流通している商品の多くは、動物性原料が含まれているもの。日常生活の中でヴィーガン商品を判断するポイント7選を、厳選してご紹介します。砂糖って白砂糖のこと?植物油はパーム油?など、詳細な原材料まで詳細に解説します。

商品を手にしたとき、ヴィーガンに対応しているのか、不安や疑問を抱いたことはありませんか?

世の中には、動物性の素材を使用している商品が、非常に多く流通しています。

誤って、ヴィーガン非対応の商品を購入してしまうことのないよう、正しい知識を身につけておきましょう。

 

見分けるポイントは?

動物性の素材を見分けるポイントは、以下の4つがあげられます。

 

  • 製造の過程で動物性の素材を利用するもの
  • 副原料として動物性の素材が含まれているもの
  • 原料が何かがわかりにくいもの
  • 動物の犠牲の上で生産されているもの

 

これらを踏まえた上で、原材料を見分けるポイント7選をご紹介します!

 

原材料で見分けるポイント7選

1. 食品で気を付けるポイント

  • 砂糖

白砂糖は、ヴィーガンではありません。サトウキビを精製する際、ろ過のために牛骨炭や骨炭という骨が使用されるからです。

原材料に、「砂糖」という記載しかない場合は、使用できないケースが多いです。てんさい糖のような、ヴィーガンの方も使用できる砂糖を選びましょう。

 

原材料に含まれる砂糖については、こちらの記事でも詳しくご紹介しています!

【ヴィーガン】原材料に含まれる「砂糖」とは

 

  • 出汁

昆布だしであれば問題ありませんが、カツオや煮干しの出汁が含まれている場合があります。

市販の粉末のものも、これらを原材料に含んでいる可能性がありますので、注意しましょう。

 

  • ハチミツ

ハチミツをとる際、ミツバチすなわち動物を利用するため、ヴィーガンでは避ける傾向があります。

アガベシロップなどで代用しましょう。

 

  • ゼラチン

ゼラチンは、動物の骨や皮に多く含まれるコラーゲンを原料としています。

代用品としては、寒天などがあります。

 

  • パーム油

環境保全の観点から、避ける傾向があります。

パーム油の原料となる、アブラヤシの単一栽培が、森林の多様性の破壊を招いています。

結果的に、動物の生息環境・生態系に影響したり、先住民の土地が奪われたりなどの被害が知られています。

 

また、すべてのパーム油が悪いというわけではありません

オーガニック栽培されたパーム油などもあるので、このようなパーム油が使われている商品を選ぶようにしましょう。

ヴィーガンの方がパーム油を避ける理由については、こちらで詳しくご紹介しています!

ヴィーガンがパームオイルを避ける理由|代替品も紹介

 

2. 化粧品で気をつけるポイント

化粧品は、開発する際に動物実験を伴うものが多く存在するので、注意が必要です。

また、食品同様、油分にパーム油が使用されていたり、原料が不明瞭なものが多かったりするので、注意しましょう。

最近は、ヴィーガン対応の化粧品メーカーも増えてきているので、ヴィーガン専門のブランドで購入すると、より安心ですね。

注意すべき原材料を、以下にまとめました。

 

  • 動物由来の成分を使用しているもの

動物性オイルが使用されているもののほか、動物実験を伴う商品も避けましょう。

 

  • ラウリルベタイン

界面活性剤の一つ。パーム油を原料としています。

 

  • ココアンホ酢酸Na

界面活性剤の一つ。こちらも、パーム油を原料としています。

 

  • パラベン

人工的に作られた防腐剤です。代謝や生殖に影響を及ぼす、内分泌撹乱物質である可能性があるため、使用するのはお勧めできません。

 

  • 合成着色料

虫を原料としているものが多く、動物犠牲を伴うため使用できません。

 

3. 衣類等で気を付けるポイント

衣類では、動物性の布製品に注意しましょう。

注意するポイントは、以下の通りです。

 

  • 靴・カバン

革製品は、主に動物由来です。

ヴィーガンレザー製品を選ぶようにしましょう。

【動物性素材不使用】ヴィーガンレザーとは|植物性レザー8種紹介

【ヴィーガン】エシカルでかっこいい!ドクターマーチンのヴィーガンシューズ

 

毛皮のもの、ウールニット、カシミア、ダウンのような、動物の皮や毛を原料としているものは避けましょう。

ウールはひつじの毛、カシミアはヤギの毛、ダウンは水鳥の羽毛です。

代替品に関しては、こちらもご参照ください。

ヴィーガンはウールを避ける?理由と代替品も紹介

ヴィーガンはダウンを避ける?おすすめブランド7選も紹介

 

  • 布団

鳥の羽である、羽毛を使用して場合がありますので、確認しましょう。

綿などの植物性を利用するのがおすすめ。オーガニックコットンを選ぶと、更によいですね。

 

4. 洗濯用洗剤で気を付けるポイント

衣服をヴィーガンにするなら、その衣服を洗濯する洗剤にもこだわりたいものです。

洗剤の中にも、動物実験をしていたり、化学物質を含んでいるものが多く存在します。

 

洗剤では、以下のような成分に注意しましょう。

 

  • ステアリン酸グリコール

石鹸や洗剤などによく使用されます。パーム油を原料としています

 

  • ステアリン酸PEG-100

ステアリン酸グリコールと同様、石鹸や洗剤などによく使用されます。パーム油を原料としています。

 

  • 合成着色料

虫などの動物を伴う場合があるので、避けましょう。

 

おすすめのヴィーガンブランドに、「sonettfolia」などがあります。

どちらも、オーガニック精油を使用しており、香りも良いと評判のブランドです。

 

最近では、エコストアも人気ですね!

【ヴィーガン】サステイナブルな「エコストア」の魅力|おすすめ商品も紹介

 

5. ヘアケア用品で気を付けるポイント

ヘアケア用品の中には、ナノマテリアルという成分を含むものがあります。

これは、高さや厚さのいずれかが100nmを下回る物質を指します。

非常に小さな物質のため、髪に浸透しやすくするためのものではあるのですが、その危険性や環境への影響が懸念されています。

このように、原材料を見ただけだと、わかりづらい部分も多いので、ヴィーガン専用のヘアケア用品を購入することをおすすめします。

先に紹介したものと同じ理由で、ヘアケア用品で注意する成分は、以下の通りです。

  • 界面活性剤
  • パラベン
  • 合成着色料

 

6. インテリアで気を付けるポイント

動物性の原料は、思わぬところでも使用されています。

その一つが、家具などに使われる接着剤。

 

コアラ社からは、2020年6月に、動物性原料を一切使用しない、ヴィーガン仕様のベッドが発売され、大きな話題を呼びました。

デザインも機能性もバッチリのコアラベッドフレーム

 

ただ、ヴィーガンインテリアは、まだ他の領域と比較すると多くはありません。

今後、より多くのヴィーガン向けの家具が展開されることを、期待したいですね。

 

7. 食器選びで気を付けるポイント

えっ、食器も?と、思われたかもしれません。

食器の中には、牛骨粉という牛の骨を粉砕したものを混ぜ込み、強度を高めているものがあります。

 

食器の裏に、「BONE CHINA(ボーンチャイナ)」という記載を、見たことはありませんか?

これは、メーカーの名前ではなく、牛骨粉を使用しているものに記載される表示です。

食器選びの際は、裏面を見てから購入するといいですね。心配な場合は、店員さんに聞いてみましょう。

 

まとめ

食品や化粧品から、普段使用している何気ないものまで、動物性の原材料は思わぬところに使用されていたことに、驚かれた方もいらっしゃるのではないでしょうか。

知識を備えておけば、商品選びがぐっと楽になります。ぜひ、原材料確認のポイントをおさえておきましょう!

とはいえ、神経質になりすぎて、疲れてしまうのも考えものです。是非ご自身の判断で、ヴィーガンライフを楽しめる範囲で、実践してくださいね。

 

2.3万フォロワー越えのインスタグラムも毎日更新しています🐰

食品からアパレルまで、650を越えるヴィーガン・プラントベース商品が購入できるハッピーキヌアセレクトショップをぜひ訪れてみてください。1%ポイント還元、さらに1%が地球環境・動物保護に寄付されます。毎週木曜日に新商品も追加されます、お楽しみに。

お買い物はこちらから。

↓ お買い物はぜひ、ハピキヌストアで ↓spot_img
↓ ハピキヌの公式インスタはこちら ↓spot_img
- ハピキヌストアへのリンクはこちら -spot_img
- LINE登録でお得なクーポンゲット -spot_img
spot_img
spot_img
spot_img
spot_img

新着記事

人気投稿

記事カテゴリー

ハッピーキヌア編集部
ヴィーガン情報を毎日お届け「ハッピーキヌア編集部」です。インスタグラムやツイッターでも毎日ヴィーガンコンテンツを発信中。フォローしてね! #ハピキヌ

おすすめ記事