ヴィーガンも急増!?コロナの影響により世界中でエシカル意識が向上

ヴィーガンも急増!?コロナの影響により世界中でエシカル意識が向上

世界中で蔓延する新型コロナウイルス。その影響により世界中でサスティナビリティ・エシカルへの関心が高まっていることをご存知ですか。ヴィーガンフードの売り上げも急増している、その実態と理由とは?また、コロナの影響でヴィーガンの方も増えている理由も解説。

ハッピーキヌア編集部
2021年01月25日

原材料はオーツ麦と酵素の2つだけ。自分で必要な分だけ作って楽しめる新しいオーツミルク Earth MILKを試してみませんか?今だけ初回お試しセットが¥7,860→¥2,360に。以下のリンクから限定で送料無料になります。この機会にぜひ。

サスティナブルなオーツミルクの通販サイト|Earth MILK
ヴィーガンも急増!?コロナの影響により世界中でエシカル意識が向上
コロナ禍において、ライフスタイルが大きく変化し、これまでの生活の見直しとともに、社会的認知の上がっている「SDGs」への共感もあり、世界において、ヴィーガンへの肯定感が高まっているようです。

そんな中、最近のイギリスBBCニュースに、「コロナの影響で、私たちをよりエシカルな消費者にしている」という、興味深い記事もありました。

また、イギリスでは、コロナ発生以来、ヴィーガン食はより魅力的なものとなっているようです。

 

そこで今回は、コロナの影響で世界中でエシカルへの意識が向上し、ヴィーガンも増加している実態とその理由をご紹介します。

 

コロナの影響により世界中でエシカルへの意識が向上

冒頭でもお伝えした通り、最近のイギリスBBCニュースに、「コロナウイルスは、私たちをよりエシカルな消費者にしたか?」という興味深い記事がありますので、ご紹介します。

 

「キンバリー・バードさんは、コロナウイルスのパンデミックが、彼女をよりエシカルで環境に配慮した消費者に変えたと言います。

そして、それは、彼女1人ではありません。

『今年は、私の意識を大変加熱的なものにしました。』と語るのは、イングランド南西部の32歳の女性。

『私は自分が使用している製品を、より環境に優しい代替品にし、できる限りの物を再利用し、必要としないものは寄付するか、または必要な人にあげるようにします。』と彼女は言います。

 

コロナとその結果としてのロックダウンにより、私たちの多くは、仕事と経済的不安を増大させており、買い物をするときは、エシカル、および環境的懸念への考えは、取り払われたと思うかもしれません。

しかし、多くの報告や研究によると、実際の事実は逆であり、コロナは、より良い、より健康的な世界を創ることへ、私たちの心が集中するようにしています。」

 

意外な事実ではないでしょうか?

それでは、具体的な変化を次に見てみましょう。

 

コロナの影響でサスティナビリティ・エシカルへの関心が高まっている!?

「経営コンサルタント会社Accentureによる2020年のグローバル調査では、消費者は『劇的に進化した』と述べており、パンデミックが始まって以来、60%がより環境に優しく、サスティナビリティ(持続可能性)な、またはエシカルな消費を行っていると報告しています。

また、その割合の10分の9が、そうし続ける可能性が高いと述べたと付け加えました。

一方、マーケットリサーチグループKantarの調査によると、サスティナビリティ(持続可能性)への消費者の関心は、コロナ発生前より増しています。

Ipsos Moriの世論調査によると、世界の回答者の65%が、『コロナウイルス後の景気回復において、気候変動を優先することが重要である。』と述べています。

 

私たちは、エシカル、およびサスティナビリティな消費者革命に留まるのでしょうか?

 

『消費がコロナ以前とは大きく異なっていることは明らかです。』とAccentureの消費財およびサービスのグローバルリーダーであるオリバー・ライト氏は述べています。

『これは、予期せぬ出来事であり、人々は何を買うか、どのように過ごすか、サスティナビリティという世界的な問題とのバランスをもっと考えさせられています。』」

 

コロナの影響により、私たちは多くの事を考えさせられましたが、特にエシカル、およびサスティナビリティへの関心は高まり、今後もこの動きが継続することを感じさせられますね。

 

エシカル、およびサスティナビリティに関する記事も参考にしてください。

 

コロナの影響でオーガニックへの関心も増加!

 

View this post on Instagram

 

A post shared by Farmbox Direct (@farmboxdirect)


アシュリー・トライナー氏は、2020年に消費者の行動がどれだけ変化したかを直接見てきました。

彼女はニューヨークを拠点とするFarmbox Directの創設者であり、2014年から米国本土の家庭にオーガニックの果物と野菜を届けています。

彼女は昨年、同社の売上高が2019年の30倍以上に急増したと述べています。

『一晩で、会社は通常数年以上かかる成長に対応するために運用要素をシフトする必要があり、そのためのマーケティング費用は数百万ドルでした。』とトライナー氏は言います。

 

オーガニック農業のメリットに疑問を示す人もいますが、一般的にオーガニックを購入する人は増えています

全体として、米国のオーガニック製品市場では、昨年の売上高が9.5%増加して2,520億ドル(1,860億ポンド)になると予測されていました。

 

英国でのSoil Associationのデータによると、売上高はまったく同じ割合で増加し、10年ぶりの高値である26億ポンドになりました。

 

オーガニックに関する記事も参考にしてください。


初回最大15%オフになるiHerbリンクはこちら

Amazonで買えるおすすめヴィーガン商品はこちら

楽天で買えるおすすめヴィーガン商品はこちら

おすすめヴィーガンレザー商品はこちら

ハッピーキヌア編集部
ヴィーガン情報を毎日お届け「ハッピーキヌア編集部」です。インスタグラムやツイッターでも毎日ヴィーガンコンテンツを発信中。フォローしてね! #ハピキヌ

LINE

Facebook