大豆ミート(ソイミート)とはいったい何?ヴィーガン必須の代替肉を徹底解説

大豆ミート(ソイミート)とはいったい何?ヴィーガン必須の代替肉を徹底解説

ヴィーガンやベジタリアンのお料理に欠かせない大豆ミート。馴染みのない方のためにも、そもそも大豆ミートとは何なのか、その特徴や簡単な使い方など、徹底解説します。

ハッピーキヌア編集部
2021年01月30日
大豆ミート(ソイミート)とはいったい何?ヴィーガン必須の代替肉を徹底解説

国産大豆を使ったシリーズ

チャンクタイプ

大豆は、青森県、北海道、岩手県産のものが使用されています。

唐揚げ・肉じゃが・カレー・炒め物や煮物・照り焼きなど、幅広いお料理にお使い頂けます。

 

スライスタイプ

大豆は、富山県産のものが使用されています。

鶏肉のような食感で、生姜焼きやフライなどにすると美味しく召し上がれます。

 

バラ肉タイプ

大豆は、青森県、北海道、岩手県産のものが使用されています。

豚肉のような食感であり、和・洋・中華など幅広いお料理にご使用頂けます。

 

ミンチタイプ

 

View this post on Instagram

 

A post shared by chiharu * (@chiharut10)

大豆は、青森県、北海道、岩手県産のものが使用されています。食感は、鶏肉のようで、ハンバーグ・肉団子・餃子・キーマカレー・麻婆豆腐などに良く合います。

 

細切り肉タイプ

大豆は、富山県産のものが使用されています。鶏肉のような食感で、かき揚げや佃煮にすると美味しく召し上がれます。

 

手羽先タイプ

大豆は、富山県産のものが使用されています。鶏肉のような食感で、唐揚げにピッタリです。

 

【外国産大豆シリーズ】

フィレタイプ

大豆は、インド産のものが使用されています。鶏肉のような食感で、フライ・コチジャン炒め・カルビ焼・しょうが焼などに良く合います。

 

ブロックタイプ

大豆は、インド産のものが使用されています。鶏肉のような食感で、から揚げ・南蛮煮・酢豚・フライ・煮物・天ぷらなどにすると美味しく召し上がれます。

 

2. かるなぁ|ソイミート

 

ソイミートは全5種類、「とんかつタイプ」・「唐揚げタイプ」のように便利なものから、「スライスタイプ」・「ミンチタイプ」・「ビーフタイプ」など、幅広いお料理に使えるものも揃っています。

 

原料は大豆に加え、小麦タンパクなどの植物性タンパクをつなぎとして使用し、崩れにくい特徴があるため、大量に作る場合でも楽にお料理出来ます。

 

種類別にどのようなお料理に合うのかをご紹介しますので、お好みを合わせてお選びください。

 

とんかつタイプ

 

View this post on Instagram

 

A post shared by @vegangirl_99

湯戻し後、フードプロセッサーなどで挽き、成型し衣付けをして揚げれば、とんかつのような食感をお楽しみ頂けます。カツサンドにすれば、お弁当にもなりますね。

原材料: 粉末状植物たんぱく(大豆)、澱粉、食用植物油脂/硫酸Ca

 

唐揚げタイプ

湯戻し後は、鶏肉のような弾力のある食感になるため、唐揚げ作りにピッタリです。崩れにくく扱いやすいため、ストレスなく気軽に唐揚げが作れます。

原材料: エンドウたんぱく、粉末状大豆たんぱく、食物繊維、脱脂大豆、でん粉

 

スライスタイプ

使いやすいスライス状であり、薄切り肉と同じように調理できます。一度水戻ししてからご使用ください。はさみ揚げ・炒め物・フライなどに最適です。

原材料: 脱脂大豆、粉末状植物性たんぱく(大豆)、食用植物油脂

 

ミンチタイプ

微粒状ですので、水戻しが短時間、または不要でも使用可能ですから、大変便利です。ひき肉と同じように調理できますから、ハンバーグ・ミートソース・そぼろ・麻婆豆腐・餃子・タコライスなど幅広いお料理にお使い頂けます。

原材料:脱脂大豆、食用植物油脂

 

ビーフタイプ

牛肉のような食感ですから、牛肉の代替として、牛丼・すき焼き・ビーフカレーなど幅広いお料理にお使い頂けます。湯戻ししてお使いください。

原材料: 脱脂大豆(大豆)、食塩/着色料(カラメル色素)

 

初回最大15%オフになるiHerbリンクはこちら

Amazonで買えるおすすめヴィーガン商品はこちら

楽天で買えるおすすめヴィーガン商品はこちら

おすすめヴィーガンレザー商品はこちら ソイミート7種の実食レビュー記事はこちら

LINE

Facebook