ホームタグイギリス

イギリス

ビリー・アイリッシュ、ロンドンのO2アリーナをヴィーガン対応にするため、インポッシブル・フーズと提携

歌手のビリー・アイリッシュは、インポッシブル・フーズと提携し、6日間の気候変動に焦点を当てたイベント「Overheated」の期間中、ロンドンの有名なO2アリーナで販売される食品をヴィーガンのもの置き換えることを発表。その経緯の詳細をご紹介します。

英国初のヴィーガンチーズ専門店「La Fauxmagerie」がスーパーマーケット向けラインを発表

イギリス初のヴィーガンチーズ専門店La Fauxmagerie(ラ・フォーマージェリー)は、スーパーマーケット向けのラインを開発したと発表。独占販売契約を結んだWaitrose(ウェイトローズ)が「ヴィーガンチーズはすべての人を惹きつける」と期待する理由とは?

イギリスでは49%の人が脱・肉食!?ヴィーガンを目指す畜産・酪農家が急増中

産業的な屠殺への疑問、地球温暖化に対する危機感、そういった環境・社会の変化の中で畜産・酪農から離れ、動物に頼らない農業へのシフトを目指す農家が増えてきています。今回は、イギリスの事例について、ご紹介します。

【イギリス】世界をリードする英国のヴィーガン事情を徹底解説

ヴィーガン発祥の地であり、ヴィーガン先進国であるイギリス。ヴィーガンが日常に浸透したその文化は、日本に暮らすヴィーガンの方にとっては羨ましくもあり、参考になる部分が多くあります。今回は、イギリスのヴィーガン事情をおさらいするとともに、一度は訪れてみたいヴィーガンレストランやカフェをご案内。スーパーなどで簡単に手に入るヴィーガン食品ブランドもご紹介します。

3Dプリントで作られたヴィーガンミートがイギリス全土で食べられるように!あの料理界の天才も……

最先端の技術で作られた代替肉「Redefine Meat」がイギリスのレストランで食べられるように!一流シェフも魅了するヴィーガンミートとは?

オーストリアのブランドRevo、ヴィーガンスモークサーモンをイギリスで発売

オーストリアの企業Revoが、イギリスで販売を開始した、ヴィーガンのスモークサーモン。イギリスでの評価と、気になる原材料とは?

ヴィーガンとベジタリアンが多い国とは?人口と割合それぞれで解説

ヴィーガンとベジタリアンが多い国がどこかご存知でしょうか。また、日本は他の国と比べてどのくらいヴィーガンとベジタリアンの方がいるのでしょうか。今回は、ヴィーガンとベジタリアンの人口または割合が多い国と、その背景や現状について、わかりやすく解説します。

世界最速F1レーサー、ルイス・ハミルトンのヴィーガンライフスタイルとは?

F1レーサールイス・ハミルトンは数年前からヴィーガンになり、アスリートでもヴィーガン食生活で身体づくりができることを証明しました。環境問題のみならず動物福祉や人種問題にも関心を寄せ、取り組みを行っているルイス・ハミルトンを紹介します。

スターバックスもプラントベースミルクの変更を無償化に!イギリスから

スターバックス発祥のアメリカそして日本よりも先に、ヴィーガン大国イギリスのスターバックスがついに植物性ミルクに変更の際にかかるカスタマイズ料金を廃止にすることを決定しました。今回の決定に至った背景を紹介します。

イギリスのスターバックスでヴィーガンツナメニューが登場?

イギリスのスターバックスで、ヴィーガンツナを使用した「Tu’NAH Sandwich」が発売されました。世界のスターバックスのヴィーガン対応の現状や、日本でのヴィーガンメニュー展開の可能性、他のチェーン店のヴィーガン対応などについて詳しく解説いたします。
- セレクトショップへのリンクはこちら -spot_img

New Posts