パラベンやサルフェートとは?ヴィーガンスキンケア・シャンプーで避ける成分について解説

パラベンやサルフェートって何?避けるべき理由や健康への影響を徹底解説。また、ヴィーガンシャンプーやスキンケア、それらを使用するメリットに関してもご紹介。

ヴィーガンは、動物性のものを一切摂りませんが、動物性の原材料を一切含まない、ファッションやコスメなどを選択することも重要と考えています。

そのため、シャンプーも、動物由来の成分を避けるのみでなく、動物実験も行っていない(クルエルティーフリー)、オーガニックで化学物質や人工添加物を含まないヴィーガンシャンプーを使用している方が多いです。

 

そこで今回は、「ヴィーガンシャンプーについて」、そして「パラベンやサルフェートなどの化学物質を避けたほうが良い理由」などを詳しくご紹介します。

 

ヴィーガンとは?

まず、ヴィーガンについて簡単にご説明します。

ヴィーガンとは、動物性の食品を一切摂取しない、「完全菜食主義」のことです。

野菜・果物・ナッツ類などの植物性食品は食べますが、ハチミツ・白砂糖も摂らない場合もあります。

詳しくは、「ヴィーガンが、ハチミツや白砂糖を摂らない理由」に関する記事を参考にしてください。

 

この、「ヴィーガン」という用語は、1944年にイギリスのヴィーガン協会(The Vegan Society)が創設された際に命名されました。

 

【ヴィーガンの定義】

ヴィーガンの定義は以下のようになっています。

「ヴィーガンとは、食物や衣類、またはその他の目的のために動物を虐げるあらゆる形態を、可能な限り、実行可能な範囲で排除しようとする哲学および生き方です。

ひいては、動物や人間、環境の利益のために、動物を含まない代替品の開発と使用を促進します。

食事の用語では、それは全体的または部分的に動物に由来するすべての製品を省く慣行を意味します。」

(引用元:vegansociety「Definition of veganism」

 

完全菜食主義が目的のヴィーガンもいますが、上記の定義から、その根底には、環境保護・動物愛護の思想があることが分かります。

しかし、ヴィーガンになる動機は他にもありますので、上記を含めて以下にご紹介します。

 

ヴィーガンになる理由

①動物愛護のため

ヴィーガンの定義にもありますが、動物愛護を動機としてヴィーガンになった方は多いとされます。

食はもちろんですが、ファッションや化粧品などあらゆる分野において、「動物愛護」を優先し、動物性となる毛皮やシルク、革製品、また動物性由来の日用品などは避けます。

また、動物実験を経て開発された、化粧品や石鹸、シャンプーなどの日用品も、極力避ける傾向にあります。

 

「動物性素材不使用」のヴィーガン製品に関する記事も参考にしてください。

 

②環境のため

畜産業・酪農業がもたらす環境問題を理由に、ヴィーガンになる人も増えています。

肉や乳製品産業がもたらすとされる、温室効果ガスの排出、森林伐採、水消費量などが、より環境に悪いとされており、肉や乳製品を避けることを重要視します。

 

また、パームオイルを避ける場合もあります。

パームオイル自体は植物性食品であり問題ありませんが、製造・生産過程で間接的に環境や動物に悪影響を与えるという点で問題視されており、ヴィーガンの生き方へ反するという見方があるのです。

 

詳しくは、「ヴィーガンがパームオイルを避ける」の記事を参考にしてください。

ヴィーガンがパームオイルを避ける理由|代替品も紹介

 

さらに、近年においては、地球温暖化問題に対する運動も活発化し、このような環境問題を動機に、ヴィーガンを実践する人も増えています。

 

③健康のため

特に、欧米諸国では、糖尿病(2型糖尿病)や肥満人口が増加しており、これらの問題と動物性食品の摂取が深く関係している可能性から、ヴィーガンへ移行する人が増えています。

欧米諸国に多い、ということはこの影響もあるかもしれません。

イギリスの市場調査会社ミンテル(Mintel)による、イギリス人の成人1,000人以上を対象とした調査からは、肉の消費量を減らすことに関心のある人の合計49%が、健康上の理由でそうすると回答しています。

日本においても食が西洋化し、肉食中心な食生活を送る中で、健康への懸念が増し、ヴィーガンを実践している人々が増えているようです。

 

④エシカル(倫理的)な考えから

ヴィーガンになることを選択する理由として、エシカルな考えによる可能性もあります。

 

お肉を食べないことを選択するエシカル(倫理的)な理由は、以下の通りです。

  • 食肉処理に反対する:食物のために動物の命を終わらせたくない
  • 非人道的な工場慣行:非人道的な条件において、家畜を飼育する工場畜産を支援することを拒否する
  • 劣悪な労働条件  :労働者にとって劣悪な条件の工場畜産を支援することを拒否する
  • 人道上の理由   :世界に飢餓が非常に多い場合、動物飼料用の穀物を生産することを土地と資源の不当な使用と考えている

お肉を食事に取り入れることは、上記のような倫理的懸念へ繫がるという考えがあるようです。

 

「エシカル」に関しての記事も参考にしてくださいね。

 

以上のように、ヴィーガニズムは、動物愛護のひとつから、環境問題や個人の健康などに関する幅広い懸念に移行するにつれて、かつては少数派だったヴィーガンを実践する人が、ますます増えています。

 

ヴィーガンシャンプーとは?


市販されている従来のシャンプーは、動物実験を行っている事が多く、様々な化学物質、防腐剤、洗浄剤が含まれています。

 

ヴィーガンシャンプーの基本的な定義は、動物実験を行っておらず、動物由来の成分を含まず、オーガニックで化学物質や人工添加物を含まないシャンプーです。

これらのシャンプーのほとんどは、汚れや余分な油脂の蓄積から髪を効果的に洗浄する成分を使用しています。

 

ヴィーガンシャンプーは、その製造過程で動物の関与が本当にないことを証明するために、独立した評議会によってヴィーガンとして認定されなければなりません。

 

参考までに、オーガニックシャンプーは、化学肥料や農薬不使用で有機栽培による天然由来の原材料が使用されていますが、動物由来成分の配合は規制されていません

 

ヴィーガン認証機関

Vegan Society

イギリスのヴィーガン認証団体。

認証基準は、配合成分・製造工程で使用する原料は、非動物系で純粋に植物のみ、または植物と水で作られた製品(化粧品や食品など)となっています。

 

ヴィーガンコスメに関しては、成分に牛乳や卵・はちみつ・動物性コラーゲン・ラノリン(羊毛に含まれる脂質)などの動物性原料が含まれておらず、製造過程で動物実験が行われていないことが認証条件となります。

 

PeTA

アメリカのアニマルライツ(動物愛護・動物擁護)団体。

PeTA(People for the Ethical Treatment of Animalsとは、「動物の倫理的扱いを求める人々の会」と訳されます。

動物由来原料不使用・動物実験を行っていないことを保証されます。

 

上記は主な機関であり、この他、国内外でも多くのヴィーガン認証機関が存在しています。

 

ヴィーガン認定商品には、認証機関ごとのマーク使用が許可されます。

そのため、ヴィーガンマークの付いたシャンプーを選べば、ヴィーガン対応であることは間違いない事になります。

ただし、マークが付いていなくても成分上ヴィーガンである製品もありますが、動物実験に関する点が気になる場合は、製品の公式ホームページで確認する事をおすすめします。

 

ヴィーガンシャンプー│クルエルティーフリーシャンプーのメリット

 

View this post on Instagram

 

A post shared by livkasmile (@livkasmile)

ヴィーガンシャンプーは、クルエルティーフリーシャンプーとも呼ばれています。

 

「クルエルティーフリー(動物の尊厳や命を重んじ、一切の動物実験を行っていない」に関する詳しい記事も参考にしてください。
クルエルティーフリーって何のこと?ヴィーガン必見の世界的な潮流を徹底解説

 

ここでは、ヴィーガンシャンプー・クルエルティーフリーシャンプーの素晴らしい点をご紹介します。

 

  • ヴィーガンシャンプーには、動物由来の成分は一切含まれていませんし、製品の生産工程の中で、動物実験も一切行われていません

 

  • 市販のシャンプーよりも成分が少なく、含まれている成分は完全にオーガニックであり、これは、髪の健康だけでなく、体全体の健康にも良いということを意味します。

 

  • 環境に優しいバイオポリエチレンを原料とするバイオマス容器や、リサイクルされた材料でパッケージされている傾向にあるので、頭皮の健康のみでなく、環境への配慮ともなります。

 

  • ヴィーガンシャンプーは、毛根を促進・刺激してくれるので、髪の成長を実感しやすくなりますし、髪と頭皮にミネラルと天然オイルを加え、髪が潤いを保ち、健康的な状態を保つのに役立ちます

 

  • ティーツリーやホホバなどの植物性のエッセンシャルオイルを配合していることが多く、精油は頭皮にビタミンやミネラルを加えて成長を促すとされます。

 

  • パラベンやサルフェートのような化学成分は完全不使用です。

 

クルエルティーフリーだけでなく、植物性成分が多く配合されているため、髪や頭皮への刺激が少なく、ダメージも比較的抑えられます。

また、有害な化学成分は一切使用されていませんので、安心してお使い頂けます。

 

それでは、ヴィーガンシャンプーでとして避けられる化学成分について、その働きや避けられる理由などを次にご紹介します。

 

ヴィーガンシャンプーで避けられる成分とは?

ここでは、ヴィーガンシャンプーで避けられる化学成分の一部である、パラベンサルフェートに関して詳しくご紹介します。

 

パラベン

 

View this post on Instagram

 

A post shared by 加東市 kotani (@peace.factory)


パラベンとは、無色、または白色の結晶性粉末の石油成分の一種です。

1920年代以降、化粧品やボディケア製品の人工防腐剤として広く使用されている化学物質群であり、正式名称は「パラオキシ安息香酸エステル」と言います。

 

化粧品には生分解可能な成分が含まれているため、有害な細菌やカビの繁殖を防ぎ、その増殖を抑えて製品の保存期間を延ばすために、これらの化学物質が添加されています。

 

【パラベンの種類】

化粧品は通常、異なるタイプのパラベンの混合物を含んでいます。

最も一般的に使用されているのは、以下の6種類です。

  • メチルパラベン
  • エチルパラベン
  • プロピルパラベン
  • イソプロピルパラベン
  • ブチルパラベン
  • イソブチルパラベン

いわゆる短鎖パラベンであるメチルパラベンとエチルパラベンは組み合わせて使用されるのが一般的ですが、ブチルパラベンは単独で使用されることが多いです。

長鎖パラベンのプロピルパラベンおよびブチルパラベンは、より強いエストロゲン活性と関連しており、分岐した構造は、エストロゲン活性を高めるだけでなく、感作性も高めることが示されています。

 

【なぜパラベンは避けたほうが良いの?】

パラベンは、体内のホルモンを乱し、生殖能力や生殖器官に悪影響を与え、出産の結果に影響を与え、がんのリスクを高めることが科学的研究で示唆されています

また、皮膚の炎症を引き起こす可能性もあります。さらに、研究では、人口統計学に関係なく、米国の成人から採取したほぼすべての尿サンプルからパラベンが検出されています。

 

内分泌撹乱能力と、男女の生殖への害が文書化されており、生涯にわたって繰り返し暴露される可能性があることを考えると、長鎖パラベン(イソブチル、ブチル、イソプロピル、プロピルパラベン)は、パーソナルケア製品や化粧品に使用すべきではないことは明らかであり、これらの化学物質を使用しない製品を作ることは可能です。

 

ここまでに述べた、健康への影響を以下に詳しくご紹介します。

 

健康への影響】

内分泌撹乱と生殖障害

パラベンは、体内でエストロゲンというホルモンに似た働きをし、男女の生殖システムの機能、生殖能力の発達、不妊症、出産の結果に影響を与えるホルモンシステムの正常な機能を乱す可能性があります。

また、パラベンはホルモンの産生を妨げる可能性があります。

国連環境計画では、プロピルパラベンやブチルパラベンを含むパラベンを、内分泌かく乱化学物質または潜在的な内分泌かく乱化学物質としてグループ化しています(U.N. Environment 2017)。

また、デンマーク内分泌撹乱物質センターは、ブチルパラベンとイソブチルパラベンを内分泌撹乱物質として特定しています。

 

ヒトを対象とした研究では、ハーバード大学T.H.チャン公衆衛生大学院の研究により、生殖能力の低下が尿中のプロピルパラベンと関連していることを発見しました。

別のヒトを対象とした日本の研究では、月経周期の長さの減少が示すように、ブチルパラベンと尿中パラベン総量を受胎可能性の低下と関連づけています。

 

また、アメリカの研究では、母親の尿中のブチルパラベンレベルと臍帯血中のレベルは、早産の確率の増加と出生体重の減少と関連していました。

 

内分泌撹乱とがん

科学者は、環境中のエストロゲンへの曝露とがん、特に女性の乳がんのリスクにどのように寄与するかについて懸念しています。

アメリカの研究では、プロピルパラベンは、乳がん細胞を含む遺伝子の発現を変化させ、日本の研究では、乳がん細胞の増殖を加速させる可能性があることが分かりました。

 

カリフォルニア大学バークレー校の研究では、以前は有害とは考えられていなかった低用量のブチルパラベンが、他の細胞受容体と連携してがん遺伝子にスイッチを入れる働きをし、乳がん細胞の増殖を増加させることがわかりました。

 

皮膚への刺激

皮膚はパラベンを含む製品に感作されることがあり、その結果、刺激性が生じる事があります(Cosmetics Ingredient Review. 2006)。

また、感作性の強さは、パラベンの側鎖の長さに関係していることが示されています。

 

【環境への影響】

海洋科学の研究によると、低レベルのブチルパラベンはサンゴを死滅させる可能性があることから、生態学的な害にもつながっています。

また、フランスのナンシー水文研究所の研究では、パラベンは表層水、魚、堆積物から検出されています。

アメリカ研究では、パラベンを塩素化した水道水と組み合わせると、多くの塩素化パラベンの副生成物が形成される可能性があるとされています。

これらの副生成物の毒性についてはほとんど知られておらず、より持続性が高い可能性があるようです。

(出典:EWG「WHAT ARE PARABENS, AND WHY DON’T THEY BELONG IN COSMETICS?」

 

体内に入る量は微量であるため「急性毒性」を示す可能性は少ないですが、パラベンなどの合成保存料を長期間摂取することで、体に影響を及ぼすリスクは高くなると考えられます。

また、環境にまで影響を及ぼしている点からも、パラベンは避けるべき成分と言えるでしょう。

 

サルフェート

 

View this post on Instagram

 

A post shared by Valquer France (@valquer_france)


サルフェートとは、シャンプーの洗浄剤や発泡剤として使用される「硫酸系化合物」の事で、具体的には硫酸塩を指します。

 

硫酸塩は、界面活性剤と呼ばれる化学物質の一種で、シャンプーの効果に重要な役割を果たしています。

界面活性剤は、入っている液体の表面張力を下げることで、液体が水と混ざりやすくなり、良い泡に仕上がるようになります。

 

シャンプーの成分として、「ラウリル硫酸Na」・「ラウレス硫酸Na」とパッケージやボトルに表示してあるため、見たことのある方も多いと思います。

 

  • ラウリル硫酸Na
    →この硫酸塩は、良い泡立ちを作りますが、頭皮に残されると毛根を傷つける可能性があります。
  • ラウレス硫酸Na
    →この硫酸塩は、頭皮の皮脂や水と結合する化学反応を介して作用する、非常に強力な洗剤です。

シャンプーを洗い流すとき、硫酸塩はそれらと一緒にすべての油と残留物を取り除きますが、 クレンジング中に、髪を傷つけたり、もろくしたり、縮れを増やしたりすることもあります。

泡立ちの良いクレンザー、歯磨き粉、シャンプーなど、多くの家庭用製品には硫酸塩が含まれています。

シャンプーなどの製品に水を混ぜると泡立ちがよくなるのは硫酸塩のおかげです。

クレンジング製品やシャンプーに硫酸塩が含まれていることを懸念する人もいますが、通常の量で正しく使用していれば、硫酸塩は一般的に安全です。

 

しかし、人によっては、特定の製品に対してより敏感な場合があり、硫酸塩を避けた方が良い場合もあります

 

【なぜサルフェートは避けた方が良いの?】

シャンプーにサルフェートを使用する事には、いくつかのデメリットがあります。

まず、サルフェートは洗浄効果が強よすぎる傾向にあります。

サルフェートは、シャンプーが髪の毛から油分や汚れを取り除くのを助けますが、髪の健康を保つためには、髪が本来持っている水分や油分を少しでも保持しておく必要があります。

そのため、サルフェートは髪の水分を奪いすぎてしまい、髪の毛を乾燥させ、不健康な状態にしてしまいます

また、頭皮を乾燥させ、炎症を起こしやすくすることもあります

 

ただし、乾燥の可能性はありますが、サルフェートを使用しても健康へのリスクはほとんどありません。

Environmental Health Insightsのレビューでは、ラウリル硫酸ナトリウムの毒性の可能性を調べました。

研究者は、硫酸塩に対する否定的な世間の見方の多くは、人々が科学的なレビューをどのように解釈してきたかに起因している可能性があると指摘しています。

サルフェートに関してよく言われる事の1つは、サルフェートががんを引き起こすというものです。

しかし、この主張を支持するような、サルフェートが健康に害を及ぼすという科学的な証拠はありません

 

ラウリル硫酸ナトリウムを誤飲する事で、目や皮膚の炎症、および一般的な毒性などのいくつかの小さなリスクを伴う可能性はあります。

ただし、ほとんどの人は、サルフェートを使用する事での副作用はほとんど無いはずです。

 

【サルフェートを避けるべき人は?】

ほとんどの場合、サルフェートによる悪い影響はありませんが、以下のような人はサルフェートを含まないシャンプーを選ぶ事をおすすめします。

 

敏感肌や肌荒れの方

頭皮が敏感な方や髪の毛が敏感な方は、サルフェートによる乾燥作用が強い場合があります。湿疹や乾癬などの皮膚疾患をお持ちの方で、サルフェートを含むシャンプーを使用している方は、使用後に頭皮のかゆみや赤み、パサつきを感じることがあります。

このような人は、サルフェートを含まないシャンプーの使用を検討してみましょう。

 

乾燥した縮れ毛の人

自然乾燥した髪、巻き毛、縮れ毛の方は、サルフェートの使用を避けた方が良いでしょう。

サルフェートは、天然の油分や水分を奪うことで摩擦が大きくなり、髪の乾燥や縮れを助長する可能性があります。

 

髪を染めている人や化学的に変化した髪の人

髪をカラーリングしたり、定期的に縮毛矯正やカールをしたりしている人は、髪にダメージを与える可能性があるので、サルフェートは避けた方が良いかもしれません。

髪のストレスや乾燥を防ぐ方法を見つけることで、髪を健康に保つことができます。

また、サルフェートを含むシャンプーは、染めた髪の色をより早く剥がしてしまう可能性があります。

(出典:MEDICAL NEWS TODAY「Are sulfates in shampoo dangerous?」

 

サルフェートは有害とはされませんが、洗浄効果が強よすぎる可能性があり、髪の水分を奪いすぎてしまい、髪の毛や頭皮を乾燥させ、不健康な状態にしてしまいます。

そのため、サルフェートフリーであることは、髪にとって優しいシャンプーとなります。

 

その他にも避けたほうが良いシャンプー成分もあるため、次にご紹介します。

 

その他の避けるべき有害なシャンプー成分

塩化ナトリウム

塩化ナトリウムはの別名です。シャンプーやコンディショナーに含まれる塩化ナトリウムは、主に粘稠度を高めるために含まれています。

この成分は、すでに敏感になっている頭皮を乾燥させ、かゆみを生じさせ、最終的には抜け毛の原因となることがあります

 

海水にも塩分が多く含まれていますが、結構髪がキシキシになりますよね。

厳密性は欠きますが、髪に良くなさそうなことはイメージできるのではないでしょうか。

 

ポリエチレングリコール

ポリエチレングリコールは石油由来の増粘剤で、副生成物に汚染されていることが多いです。

これ自体がシャンプー成分と同じくらいの毒性があると結論づけるには十分な研究は行われていませんが、ポリエチレングリコールに含まれる一般的な副生成物は有害なものである可能性があります。

 

ジエタノールアミンとトリエタノールアミン

これらは、水溶性成分と油溶性成分が混ざり合うように表面張力を下げる乳化剤や発泡剤でもあります。

米国毒物学プログラムは、1998年に完了した研究において、ジエタノールアミンの局所適用と動物におけるがんとの関連性を発見しましたが、ヒトへの影響は確立されていません。

欧州委員会は化粧品のジエタノールアミンを禁止しています

 

ホルムアルデヒド

アメリカの乳がん予防パートナー (BCPP)によると、ホルムアルデヒドはがんやアレルギー性皮膚反応との関連が指摘されています

ヒトの発がん性物質として知られており、動物実験で皮膚から吸収されることが証明されています。

メーカーは防腐剤として直接製品に添加することが多いですが、他のタイプの防腐剤から化学的プロセスを経て時間の経過とともに放出されることもあります。

シャンプーでよく見るものには、クオタニウム-15があります。

 

アルコール

ほとんどのアルコールには乾燥作用があり、成分表の上位に表示されているものほど多くのアルコールが含まれています。

セテアリルアルコールやステアリルアルコールのように、乾燥した髪でもそれほど悪くないアルコールもありますが、イソプロピルアルコールやプロパノールは良くないとされます。

 

合成香料

ラベルに「香り」と書かれている製品には、何千もの隠れた化学物質が含まれている可能性があります。

香り付きの化粧品に含まれる成分の中には、生殖システムを乱し、がんや喘息の原因となるものもあります。(乳がん予防パートナー (BCPP)

また、皮膚や頭皮を刺激し、抜け毛の原因となることもあります。

 

合成着色料

ほとんどのシャンプーやコンディショナーは、見た目を良くするために合成着色料で染められています。

これらの色は石油や石炭タールを原料としていますが、いずれも健康に有害な影響を及ぼします

 

ジメチコン

ジメチコンはシリコーンの一種で、多くのヘア製品に使用されており、製品の蓄積を助長し、髪を潤った感じにさせます。

髪の表面に保護カバーとして機能するため、水分や栄養素の侵入を止めてしまいますが、代わりに汚れや残留物を収集します。

頭皮の毛穴を詰まらせ、皮膚の炎症を引き起こす可能性があります

 

コカミドプロピルベタイン

コカミドプロピルベタインは、洗浄性と起泡性を有していますが、一般に単独で配合されることはなく、陰イオン界面活性剤と併用することによって洗浄性の増大、キメの細かい泡質および泡安定性の向上があることから、陰イオン界面活性剤と併用して洗浄製品に汎用されています。

ココナッツオイルに由来してはいますが、この界面活性剤は、ジメチルアミノプロピルアミンと一緒にヘアケア製品に使用されており、皮膚の炎症、アレルギー、酒さ、湿疹を引き起こす可能性があります。(dermatologist

 

トリクロサン

トリクロサンは2016年に抗菌石鹸への使用が禁止されましたが、歯磨き粉やシャンプー、デオドラント剤にはまだ使用が認められています。

これは、ホルモンの乱れを引き起こすことで知られている化学抗菌剤で、特にがんにつながる可能性があり、胎児の発育に影響を与える可能性があります。(Food & Water Watch

 

 パルミチン酸レチニル

パルミチン酸レチニルは、レチノールとパルミチン酸が結合したエステルです。

ピーリング、鱗屑(りんせつ) 、赤み、かゆみを引き起こす可能性のある皮膚刺激性物質として知られています。

(出典:nutrafol「15 Harmful Shampoo Ingredients to Avoid」

 

以上のように、有害な成分を含むシャンプーは健康への影響も心配ですから、動物、そして自分に優しく、安心・安全なヴィーガンシャンプーに切り替える事をおすすめします。

「おすすめのヴィーガンシャンプー」の記事もありますので、是非チェックしてくださいね。
【動物性不使用】おすすめヴィーガンシャンプー7選

 

まとめ

一般的なシャンプーには有害とされる成分も多く使用され、髪への影響のみでなく、健康への影響が懸念される場合もあります。

そのため、オーガニックで化学物質や人工添加物を含まないヴィーガンシャンプーは安心して使えますし、動物由来の成分を含まず、動物実験を行っていない点も考慮されている素晴らしい製品だと言えます。

人にも動物にも優しいヴィーガンシャンプーを試されてみてはいかがでしょうか。

 

ヴィーガンスキンケア商品については、ハピキヌでも取り扱っているBEIGICがおすすめです🐰 こちらも合わせてチェックしてみてくださいね。

BEIGIC コレクション|ハッピーキヌア|ヴィーガンセレクトショップ

 

2.3万フォロワー越えのインスタグラムも毎日更新しています🐰

食品からアパレルまで、650を越えるヴィーガン・プラントベース商品が購入できるハッピーキヌアセレクトショップをぜひ訪れてみてください。1%ポイント還元、さらに1%が地球環境・動物保護に寄付されます。毎週木曜日に新商品も追加されます、お楽しみに。

お買い物はこちらから。